兄妹猫ノアとココ。

テーマ:

こんにちは音譜

読者登録やいいねありがとうございますラブ

とても嬉しいです。

更新頑張って参りますドキドキ

 

前回のはじめましての記事にもありましたが、ノアココは兄妹ですニコニコ

似てる?似てない?

 

知らなかったビックリマークという方も多いかなはてなマーク

 

今回はノアとココが家族になった経緯について書きたいと思います。

ちょっと長いですょニヤリ

いやかなり長いょニヤリ

 

10年ほど前の話。。。

当時私は独身で実家住まい、ビーグル犬2匹と暮らしていました。

完全に犬派というか猫とあまり接したことがなかったので猫の可愛さを知らなかったんです。

 

でも当時付き合っていた人(今の旦那)の家には猫(元野良猫)が2匹いて、それはそれは可愛くて三毛猫ハート

そこで猫の可愛さを初めて知りましたラブラブラブ

でも実は私は猫アレルギーで・・・目は腫れるわ肌はかゆなるわでえらいこっちゃでしたが、それでも猫に魅了されましたラブ

 

しばらくして知り合いから「工場で産まれた子猫がいて、引き取り手がなかったら保健所へ連れて行かれる、飼わない?」と話がありました。

犬としか暮らしたことがなかったので、猫と暮らすということにずいぶん悩みました。でも保健所・・・ということが頭から離れず、母に相談して悩みに悩んで悩みすぎて胃を痛めながらも引き取ることにしました。

 

そして引き取る!!と意を決して連絡をすると、何と・・・すでに里親さんは決まったとの返事が。

あーそうか、よかった・・・その子は保健所に行かずに幸せになれる・・・と喜び半分、引き取れず残念な気持ち半分。どんな子だったのかな?会いたかったな(写真もなくどんな子かは分からず)など複雑な気持ちでした。

それから何だか心にぽっかりと穴が開いていました。

 

でもそこで、他にも保健所に収容されたり、飼い主を待っている子がいる。。。そういう子を引き取る里親という存在を知りました。

そして知人に教えてもらった里親サイトでノアを見つけて、この子!この子と家族になりたい!と、すぐに連絡しました。

※里親サイトで初めて見たノアさんラブかわええドキドキ

 

ノアとココは、とあるマンションの駐車場で野良猫ママから産まれたそう。

でもボランティアの方が保護してくださり、手厚く育ててもらっていたようです。

他にも応募者さんがいたようですが、なぜか私に返事をくださり(圧がすごかったんかな)、あっという間にお見合いが決まりました。

お見合いに行くとそこには小さい小さいノアがいました。

 

忘れもしない・・・初めてノアを抱っこさせてもらったとき、ノアのうん○うんちが私の服についたのですが、可愛さで頭がおかしくなっていた私は、「うん(運)がついた~音譜と喜んでいたので、保護主さんは「うん○うんちがついてそんな喜ぶ人初めて見た」と少し引いていました。

 

そしてノアの後ろにはいつも隠れるように引っ付いて離れないこれまた小さい小さいココがいました。

保護主さんが「しまこちゃん(ココ)はお兄ちゃん(ノア)から離れへんのよ」と。

一緒にお見合いに付き添ってくれていた母がしまこちゃん(ココ)も一緒に引き取ろう、と即決でした。

そしてめでたく二人はノアとココと名前になり、兄妹一緒に我が家へやってきました。

私がよく使うnocoaという名前はノアとココからつけたんですよ。

 

あー長っ!でも簡単には話せへん!

※うちに来た日のお二人さん。可愛すぎて涙出るえーん

 

※とにかくいつも引っ付いてた。

 

※さすが兄妹靴下の柄が一緒。

 

私の猫アレルギーは猫への愛が勝ったのか免疫がついたのか、今ではほとんど症状は出なくなりましたラブラブ(個人差があると思うので猫アレルギーの方はご無理のないよう猫と接してくださいね!)

でも今でも猫たちとたわむれた後は肌はかかない、目は触らないを心掛けています。

 

はい、長々と読んでくださってありがとうございました!

こんな感じでinstagramではなかなか書けないようなエピソードも書いていきますもぐもぐ音譜