こんな小さな宿に跡継ぎができるかもしれません | 『久美浜 民宿かず子ブログ』

『久美浜 民宿かず子ブログ』

民宿かず子の主人 
村岡信之
アウトドア店員
カーディラー営業を経て
自営業である民宿の2代目店主となる

次男くん

「大人になったら

   この民宿立て直すねん」


小学3年になり

ここ最近

どうも私のやってる事に

興味を持ったような感じです



料理をしてると

「何してるん」と

鍋の中を覗いてくる



チェックアウト後の掃除

チェックインされるお客様の準備

ちょこちょことやりたがる


学校でgoogle map を見る機会があり

当宿には1つ星ホテルと表示してある事に


「なんで何々ちゃんちは

   3つ星ホテルやのに

 うちは1つ星なん」と

真剣に怒ってました


ええこと言うやん


子供のことですので

先のことは考えずに

そう言ってくれる

子供に感謝しましょう



私が子供の頃 

ここ小天橋は

時代の波に乗りにのって

多くの民宿が立ち並び


ここ日本海側の海水浴場は

どこも超満員で


民宿も7月の頭から

お盆まで毎日満室が続いた



その後客足に翳りが見え始めると

パタパタと宿を閉めるところが出始める



そうすると聞こえてきたのが


「こんなしんどい商売するな」

「もっと楽に儲かる仕事につけ」でした



なんでそう言うんやろ


声に出しては言うてませんが


当時悲しい言葉やな

と感じていましたのをおぼえております




この仕事の楽しさを面白さを

小さな夢をもうちょっと大きく

できるように


家族が笑顔で楽しく

つづけていけたらとおもいます



でもこの間学校の参観に行った時

後ろの壁にデカデカと


「将来の夢は警察官です」って


かいてあったのはなんやったんやろ


まぁええか


ではでは