昨日に引き続き
猛暑でお気をつけ頂きたい事を

海水浴場で熱中症は
大丈夫だろうと考えていました
暑ければ海に入ればいいだけなので

昨日のお客様から
「海が熱い」のご感想

ハタと気付きました

ここ小天橋海水浴場 の海は
遠浅なのです

遠浅の海はいいですよと
いつもいっていたのですが

ここまで暑いと
そして潮の流れがないべた凪が続くと
水深の浅い海はぬるいようです

ということは海に入っても
体が冷やされない

熱中症の危険があるかもしれませんので
皆さんお気をつけください

今日は潮が動いたようでしたが
そんなこともあるんですね

波が高く遊泳禁止時に泳ぐのは
あまり前に危険ですが

穏やかな凪の時に
危険が潜んでいるとは
思いもよりませんでした

人によっては
それくらいなこと大丈夫だって
と、お思いになられる方も
おられると思います

私はそんな時でも
構わず注意喚起はしていきます
鬱陶しいと思われてもやっていきます


45年前当宿にお泊りのお客様が
溺れて亡くなったからです

その日小天橋海水浴場は
高波のため遊泳禁止でした

祖母と母親がお泊りのお客さんに
「今日は波が高いで
   海に入ったらあかんで」と注意するも

「わしら太平洋でもっと大波でも
   入っとったわ」
「日本海と太平洋は違うからあかんで」
と忠告も聞かず  海にはいり
帰らぬ人となったのです

たまにその話を女将とすると
「もっとキツく止めとけばよかった」と
後悔の念がよぎるようです

発見されるまで
家族の方が当宿に泊まられ
皆さん一応に黙って
下を向いておられたのを
今でも鮮明に覚えています

当宿からもう二度とあんな悲しい出来事
そしてご家族があんな悲しい顔に
なるような事が起きないように

少しでも危ないと、感じることは
お伝えしていきます

昨日も最後までお読み頂き
       ありがとうございました