何気にいつもと違う風景が
視界に入ってきたので
見にいくと船がない
一艘もない
と言うことは明日
南風が相当吹くという事です

こんな事で明日の天気を
知ることができるって
自然とともに生きてるここ久美浜小天橋

皆さんお気をつけくださいね

そして季節の変わり目になると
旬な自然の恵みを食す機会が増えてきます

旬の食べ物を獲りに
御歳78歳現役バリバリの
強靭な足腰の強さで山に海にと
動き回る近所のおじさん

今年は「豊漁」ということなので
モズク5キロを持ってきてもらいました

「久美浜湾のモズクはマズイ
    日本海のもずくとは比べもんにならん」と
    自信満々のお言葉

 小袋に分けて保存

おっちゃんありがとう
また酒一升瓶持っていくわ



スーパーでよく見るもずくは
噛むとコリコリ
食感を楽しむのですが

久美浜産のもずくは
一本一本が目に見えないくらい細く

細すぎて噛めず
トロトロが喉を通る
のどごしを楽しむ食べ物
というより飲み物のようです


夏の食べ物として
当宿の夏のお客様には
もずく酢でたべてもらってます

もずく大好きという人を
見たことがないのですが
そういう私もそんなに
好きなものではないのですが

地元の方達がいつも食している
魚、海藻類、貝類などを食べてもらってます

皆様のお口に合いましたら幸いです

そうそうシマイサキも入荷しました
私の祖母、母親の大好きな魚です

ここでは「ウタウタイ」と言いまして
エラの部分が特殊な構造で「クーッ」と
鳴くのです  故に「ウタウタイ」なんです

今日も最後までお読み頂きありがとうございました