十数年前から京丹後市の
小学生の通学路には
子供たちの手作りの看板があります

それは
いかのおすし

きのうのお客様が
「車で通った道端にある
    いかのおすしって何ですか?」と

ここ最近この言葉を見にすることが
無くなったので、ちょっと嬉しくなりました

京丹後市のどこかに立ってるか貼られてます

現に小天橋にもこのようにあります





いか        いかない
の            のらない
お            大声を出す
す           すぐ逃げる
し           知らせる  です

ちょうど小学校の子供が
「いかのおすし」下敷きを
持っていたので
ご説明させてもらいました


「そうだったの 
      私てっきりイカ専門のお寿司屋さんかと」
    
車で通り過ぎるだけで覚えてしまう
このインパクトというのは素晴らしいですね
現に私も一回見ただけで覚えました

それに似たインパクトを与えるということを
当宿のプラン名もそれを念頭に考えていますが
これ私の一番苦手とする作業で

ただ今夏の海水浴プラン鋭意制作中

近日中にアップいたします

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございました