過去ブログでも書きました

ガス釜炊きごはんにしてから

ガス炊飯器と電気保温ジャーを
撤去して早2年が経過と書きました


 その前の3年間は
毎朝薪釜たきごはんでした

薪で炊くとコレがまた何とも言えん
炊き上がりになり
これを絶妙なタイミングで食べるもらうのです


私がいうと自慢のようには聞こえますが
誰が炊いても美味しく炊けるんですけどね

毎朝薪の火をジッと見ながら炊き上がりを
コーヒーを飲みながら待つのは
格別なものがありました

しかし難がありまして

それは最後まで火を
見ていなければならない事でした

だいたい薪をくべて着火してから
約40分釜の前で座りっぱなしです

火事が怖いということもあり
消化バケツに水を入れて置いてありました

ですから他の仕事が全くできないのです

出来立てを出したがる私ですので
飯炊きと料理を両立されるにはと
考えたのが今のガス火釜炊きご飯なのです

飯炊きしながら横で料理をする
これでご飯の炊き上がりを見ながら
料理を仕上げていく

魚に出汁巻卵、味噌汁を
炊きたて、焼きたて、巻きたて、味噌入れたてを
お出しすることが可能になりました

冷めた焼き魚、
冷めた出汁巻
ジャーのご飯ってどうよ

やはり当宿に泊まったからにはお客様には
出来たてをフーフーしながら食べてもらいたい

そんな想いで今はガス火で飯炊きしてまーす

よかったら朝飯だけでも
食べに来て下さ〜い

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございまさした