この3連休お昼も大忙しで
ひさびさに妻にカニ切りを要請

何でもやりますよ若女将は


「ここは焼いてくれるからええわ」
このお言葉よく耳にします

当宿は遥か昔から
お客様のお部屋に七輪を持ち込み
ペラペラペラとおしゃべりしながら
カニを焼いてます

その時に先ほどのお言葉を聞きます
さらに聞くと
「ハイどうぞ とカニを持ってくるだけ
    後はよろしくお願い致します」

当館は焼きガニを美味しく食べるには
きちんと焼かないとダメという
思いが強いんです


お客様にお任せすると
焦がしたり 焦がさなくても
焼きすぎる事が多くみられ
せっかくの美味しいカニが
もったいない

まあその中で色々なお話をさせてもらうと
お客様との距離がぐっと縮む思いもあります

「自分でやりますので」とおっしゃる
お客様もおられます 
少し心配ではありますが
焼き方だけお教えして
部屋を後にしますが

後でそのお客様の後片付けをしますと
やっぱり焦げてるのです

ここでご自身で焼きたい思いがおありの方に
美味しく食べる焼き方を書いておきます

必ずカニ足の白い部分を下にして
炭火に載せます
しばらくすると白い身が膨らんできます
膨らんできたら約1分でひっくり返して30秒
出来上がりです
美味しいカニ汁を蒸発させないのがコツ

ご参考まで

今日も最後までお読み頂き
ありがとうございました