いつでもどこでも心遣いを忘れてはいけません

テーマ:
す本日は旅館組合の総会の日

今後の活動に付いて熱く議論が
交わされた後は懇親会

美味しそうでしょ
久美浜湾が一望できるお宿さん
古谷屋さんのお料理です

もう酒が進む進む
もう昼間っから酔っ払ってる


和心の小宿かず子の
              飯炊き人村岡信之です





昨日久しぶりにおいしい水を
飲みに山奥へ行ってきました

以前にも紹介のブログは書いたのですが
実際に行くのは久しぶり

買い物に行く途中喉の渇きもあり
行ってきました

「奥山の清水」

ちょっと見落としてしまいそうな
こじんまりとした作りです

少しですが苔むした岩ですね
何故か苔を見るとホッとしてしまいます


その岩の隙間からずっと
美味しい水が流れ出ています


この先少し行くともう道はなく
そこは川の水が流れる音しか聞こえない
本当の山奥なんです



行った日も蒸し暑く喉の渇きを
潤すには最適の冷たさで

そしてそのまま飲めると言うのが
ええんです コップも置いてあり
ちょっと拝借して一服

基本無料でいくらでも汲んで
持ち帰ることは可能で
ご自宅の料理に利用されてもよし
コーヒー用の水に利用されてもよしなのですが

お願いが一つあります


管理されてる方が掃除や管理を
されてると思います
水質検査もされてると思います

一応黄色い入れ物に心遣いをお願いしたいです

皆さんの心遣いでこの美味しい水が
いつまでもいつまでも飲めることを
切に願います

今日も最後までお読み頂きありがとうございました