仕事が向いているのか 向いていないのか 悩むときがあります… | 千葉 市川 行徳 ヘアサロン 野武屋本店 ヘアケア 理容 美容 ブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

千葉 市川 行徳 ヘアサロン 野武屋本店 ヘアケア 理容 美容 ブログ

野武屋本店はマンツーマンスタイルのプライベートサロン





引き続き【のぶさんちin姫路】での質問ね


「仕事が向いているのか 向いていないのか 悩むことがあります…」


ってか






イエ〜イ‼︎        のぶです‼︎

 

インスタグラムやってます

犬猫景色その他プライベートショットが満載♪


姫路ご当地グルメ アーモンドトースト 美味♪

☟☟☟

のぶオジサンのInstagram

フォローよろしくっ☆

 

 

 

ブログランキング参加しています

クリックして応援してね

☟☟☟

にほんブログ村

 

 




 



どれどれ??


「私はアシスタントをしていますが 何回も仕事が向いてるか向いていないか悩むことがあります
悩んだときはどうしたらいいですか? 」

 

なるほどなるほど いい質問だねぇ



昨日の記事に引き続き 月曜日に行われた【のぶさんち(と言う名の講習会)】で募った質問にお答えてしております

のぶさんの老後は?? 

↑ここで紹介した質問は当日お答えしたものを記事にさせてもらったんだけど今回のは当日時間内にお答えできなかった質問に対してののぶオジサンの考えね



「私はアシスタントをしていますが 何回も仕事が向いてるか向いていないか悩むことがあります

悩んだときはどうしたらいいですか? 」


これは美容師のアシスタントちゃんからの質問だあね


アシスタントっつうのは美容学校卒業してサロンに就職したんだけど今はまだメインの担当者としてお客さんの髪をカットしたりはできないからシャンプーしたりカラーリングのお薬塗ったりしつつの修行中 ってな状態のスタッフのこと


要は美容師という仕事が向いていないんじゃないかと悩むことがこれまで何度もあったってことね


これなあ


ひとことで言うとね、


わかるわぁ〜…


だよ

今ではいっぱしの美容師として活躍してる人の中でもこういうことを感じたことない人探す方が難しいくらいありふれた感情なんじゃないかと思うよ


特にアシスタントの時期 又はアシスタントを卒業してスタイリストと呼ばれる一応は一人前として認められてから数年の間に感じる人が多いはずだわ


もちろんのぶオジサンもそんなことを何度も考えたことあるよ

でね


この 「向いてないんじゃないか」ってのだけどね


キツイ言い方と受け取られるかも知んないけど 俺から言わせてもらうと

すごーく都合のいい言い訳なんだよなぁ…

(最後まで読めよ!)


だってさ「仕事がキツイから辞めました」って言うよりなんとなーくカッコつくような気がするじゃん?(≧∇≦)


ついていけないから逃げ出したって思われなくて済みそうな感じがするだろ?(≧∇≦)


俺自身のことを思い返すとそんな気がしてならないんだよねぇ


あ 


この質問書いてくれた人は「だから仕事を辞めたいんです」なんて一言も言ってないけどさ

少なからずこれから先も続けていくかどうかに疑問を持っていることは明らかだよね



さて


じゃあ

「悩んだときはどうしたらいいですか?」

だけど


悩んだときどうするかの前にとりあえずしてみて欲しいことがあるんだ


まず今すぐ紙とペンを用意して!


でね


仕事してて楽しいと思えるときはどんなときか 思いつく限り書き出してみて欲しいんだ


どんなに小さなことでもいいよ


カットの練習してて上手に切れた時 とか シャンプーを担当したたお客さんに褒められたとき とか 難しい条件のカラーリングを綺麗に染められたとき とかさ


あ〜 この仕事してて良かったなぁ♪ 

って思える瞬間ってどんなとき??


それをできるだけたくさん紙に書いて欲しいのね


もし どんだけ考えても一個も書けなかったとしたら…


それこそ向いてないから転職した方がいいと思うわ(≧∇≦)



それとは逆に 辛いなあ 苦しいなあ 向いてないのかもなあ 辞めたいなあ と思うときはどんなときだろ


思いつく限りいっぱい書いてみて


そんな風にして自分と向き合うってことをしてみて欲しいんだわ


これ やってみるとね 頭の中でなんとなーくボンヤリとしか考えられていなかったことがすげえ明確になるんだよ


向いてる向いていないはそれから決めればいいんじゃないかなって思うんだわ


それでも いくら考えてもやっぱり向いてないな と思うんであれば転職ってのも視野に入れてみたら?


こう思うのね


でだ


ちょっと話はズレるかも知んないけど


「美容師が向いてる人ってどういう人ですか?」

って聞かれたら俺は迷わずこう答えるよ


相手を喜ばせることが自分の喜びと感じられる人


なんなら この一点さえあれば俺は美容師に向いてる人だと思ってる


手先が器用かどうかとか オシャレに関心が高いかどうかとか センスがあるとかないとかなんだとか そんなことはぶっちゃけ全く関係ないと思ってんのね


そんなの後からどうにでもなるから


でも 人と接するのが好きで相手を喜ばせることが自分の喜び と感じられるってのがベースにないと 美容師って仕事は正直キツいことだらけだと思うよ


だってさ


美容師ってのは髪を通じて相手を喜ばせるのが仕事なんだから

いくら考えてもそこに喜びを見出せないんだとしたらそれは残念ながら美容師という仕事は向いていないと思う



でも この質問者はいろんな壁にぶち当たりつつもやっぱり[相手を喜ばせるのが自分の喜び]と感じてる人なんじゃないかと思うんだよなぁ

だからこそ今日まで続けてこれたんじゃないかな?


こんなんで質問の答えになったのかどうだかわかんないけどさ

もし また悩んだらこの記事を読み返してみて欲しいな

そして

相手を喜ばせることが自分の喜び と感じられるかどうか 自分に問いかけてみて欲しい













応援してるぜ












そんなこんなで今日も朝から晩まで

 

笑顔溢れる野武屋本店でした〜

 

 

 

 

 

 

ってな‼︎

 

 

 

ちん‼︎

姫路タンメン♪
(猫舌につき取り皿でフーフー(≧∇≦))

 



ブログランキング参加しています

クリックして応援してね

☟☟☟

にほんブログ村

 

 

【野武屋本店】

 

住 所 千葉県市川市湊新田2-1-18-103

電話番号  047-399-7778

  

 ☟☟☟

野武屋本店への道のり