WTOからの郵政への懸念 | 野武☆悠悠
2010-05-21 22:07:12

WTOからの郵政への懸念

テーマ:ブログ
郵政事業の見直しで、WTO担当の大使級会議が開かれ、欧米から深刻な
懸念を共有していると表明されました。

日本は完全民営化路線の問題点の是正と反論したようですが、内外企業の
平等な待遇などを定めたWTOのサービス協定上問題があると言っています。

国際的な協定はともかく、郵政事業を親方日の丸に振り戻すのは、どうかと
思います。

小泉改革が良かったとは思いませんが、サービスにバリエーションが出てきて
簡易郵便局の数が去年ぐらいから増えだしたと言う事です。

簡易局が無くなり不便になったことで、民間と話し合い、コンビニや病院、
スーパーなどと協業している例が増えているようです。

民主党は、大量の赤字国債を出す為に、郵政事業を見直そうとしています。
トップに天下りの人事までしました。

これでは、言っていることと、やっていることが矛盾しています。

郵政事業の最大の収入源は、郵貯と簡保です。

預け入れ限度額を2倍にして、国債の引き受け量を増やそうとしています。
総務大臣は預金量が減っているからと言っていましたが、日本最大の金融機関
には変わりないでしょう。

郵政事業は確かに5分割で非効率になりました。
郵政、郵便、窓口会社を統合するのは良いかもしれませんが、金融事業は
切り離すのが本来かと思います。

国民の為の改革をして欲しいものです。
赤字国債の引き受け手を作るものなら、やめて欲しいと思います。

野武☆さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。