いじめの加害者を作らない子育て(奈良)PTA講演会・講座

子育て塾「ノブリの森」代表の森かほりのブログ。わが子をいじめから守ろうという思いから「加害者を作らない」という視点に気づく。キーワードは自己肯定感。

「ノブリの森」の由来 英語で「いじめ」はbully(ブリー)。
いじめの加害者を作らない、いじめをなくしたい、という思いから、
NoをつけてNo Bully (ノー・ブリー)→ 「ノブリの森」と名付けました。
森は、落ち着いた安らぎのイメージと自分の苗字から(^^)


「ノブリの森」の講座・イベント 詳細は青字をクリック
①保護者向け講演会
  子育て講演会の講師を探している!という方に
②ママが元気になれるお茶会
  ママ友には話しにくい、でもカウンセリングに行くほどでもないという方に
③親子の自己肯定感UP講座
  本気で子育てを学びたい方、自分を変えたい方に

NEW !
テーマ:
【保護者向け講演会のテーマのご提案】
 
小中学校の保護者向けの講演会のテーマとして、
 
「ハッピー親子になろう!」 
「いじめの加害者を作らない子育て」
「いじめっ子・いじめられっ子を作らないために今からできること」
 
などはいかがでしょう?
 
どのテーマも、ポイントは一つ。
「子どもの自己肯定感を高める」です。
 
これを、上記のような、子どもさんの年齢に合いそうな切り口でお伝えいたします。
内容はだいたい下記のとおりで、講演時間により調整いたします。
 
1.自己肯定感ってなに?(いじめの切り口では、加害者の心の状態についても触れます)
2.自己肯定感を上げる接し方(聞き方、ほめ方)
3.自己肯定感を下げない接し方(子どもを傷つけずに伝える方法)
 

 

 

【講演実績】

 

・奈良県小・中・高生徒指導連絡会
・大阪府中河内PTA協議会
・大阪府交野市子育て支援課
・奈良市中学校少年指導協議会
・生駒市青少年指導委員会

・木津川市社会福祉協議会
・宇陀市郡校園所長会 研修会

・生駒中学校区地域ぐるみ推進委員会 研修会
・奈良市小学校PTA
・生駒市小学校PTA
・香芝市小学校PTA
・大和高田市立小学校PTA
・高市郡幼稚園PTA
・奈良市子育て支援事業での講座
 (地域子育て支援センター「そらいろ」「中登美」「とみお」、
つどいの広場「マザーリーフ」「やまと」ほか)
・奈良市つどいの広場「ノル」5回連続講座
・啓林堂書店様主催ママ向け講演会 ほか多数

 

 

 

 

【所用時間】 60~90分(調整可能)
 

 

【ご用意をお願いしたいもの】
・スクリーン
・プロジェクター
・パソコン
・人数によりマイク
・レジュメのコピー(人数分)

 *プロジェクターとパソコンは
 なければ持参いたします。

【参加者の声】
・毎日が戦いと思っていたことが、毎日が楽しみ、に転換できた。
・言葉の使い方一つで、自分も子どももラクになれるかもしれないと思った。
・森さんの失敗談が身近に感じられて、自分も「失敗したらやり直せばいいのか」と思えた。
・心に栄養をもらった。
・気持ちの持ち方が分かり、今日から自分が変われそうな気がする。
・子どもの反応がいつも同じでモヤモヤしていたけれど、なんだか楽しみになってきた。
ほか多数(こちら)

【企画書あります】
講演会の企画書をお送りいたします。
 

 


掲載内容:
・ノブリ式子育てとは
・ご提案の理由:理屈だけじゃないママ目線の言葉
・講演・講座実績
・参加者の感想
・講演の概要
・講師 森かほり
  -プロフィール
  -参加者から見た森かほり
  -メディア掲載
  -資格など
  -ウエブサイト
 
【出張エリア】
全国


【受講料】 ご予算など、ご相談に応じます。お気軽にお問い合わせください。

【交通費・宿泊費】
必要に応じて、交通費・宿泊費をちょうだいいたします。
 
詳細はお気軽にお問合せ下さい↓
いいね!した人  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

いじめの加害者を作らない子育て塾「ノブリの森」の森かほりです。

 

ブログほど頻繁ではありませんが、メルマガも配信しています。

 

・今の森かほりの子育て(悩み・葛藤、気持ちの切り替え、気づきとか)

・ブログ記事の続編

・イベントや講座情報の優先案内

・その他そ、思いついたこといろいろ

 

読者の方々から、こんなメッセージをいただいています。

 

 

なんだか自分のことのように、自分の子の将来のように、母としてどうすれば良いか、考えさせられながら読ませていただいてます。

 

壁にぶつかったときに、森さんの言葉が解決に導いてくれることが多いです。

 

配信されたメールを読んで、森さんも頑張ってるんだ、私もやらにゃなぁと励まされました。

 

(進路のことで対立したとき)森先生が息子さんの気持ちを大切にしつつ話し合ったからこそ、息子さんも冷静に、感情的にならずに将来のことを真剣に考えられたんだと思います。私もそんな親子になりたいって思います


子育ての合間にさらっと読めるメルマガです(登録無料)。

ぜひどうぞ!

 

無料メルマガ「ノブリの森」 登録はこちら

 

 

 

 

 

 


 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いじめの加害者を作らない子育て塾「ノブリの森」の森かほりです。

 

今年4月、心理学のマンツーマン講座を受けていたときに書いて下書きのまま置いていた記事がありました。加筆してUPします。

 

当時、仕事にもっと自信をもちたくて受講していたのですが、自分の内面をじっくり見ることになり、混乱を経て、感じたことです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「誰かが何かをしてくれたから、ありがとう」というのは、とってもわかりやすいです。

 

でも、「あなたがあなたでいてくれたから、ありがとう」というのは、なんか哲学っぽくて、頭ではわかっても、感じにくくないですか……?

 

これをね、わたし、ちょっと感じられるようになりました。

 

今まで生きてきて、大好きな人もいれば、苦手な人や嫌いな人もいます。

 

それでも、私に出会ってくれた人それぞれが、そういう人でよかったなと、今は思えるようになってきたんです。

 

嫌な人に会ったから、嫌なことがあったから、怒りや悲しみ、くやしさや恥ずかしさ、寂しさや焦り……そういうモロモロの負の気持ちを感じました。

 

その場をおさめるため、自分の立場を守るため、わたしも自己防衛して、相手を理解しようとして、けっこう悩んだ時期もありました。

 

そのときは本当にしんどかったけど、そのときの経験があるからこそ、今、自分のことを考えて気づけた自分がいるんですよね。

 

それがうれしいんです。

出会った人が違ったら、出来事が違っていたら、今の自分は違う自分だったでしょう。

 

気づきがなくて文句ばかり言ってる人間だったかもしれない。

 

逆に、もっと早くに気付いてもっと早くに楽に生きられたかもしれない。

けど、今それを考えても仕方ない(笑)

 

そう思ったら、あの人もこの人も、ああいう人でよかったんだなとか、あの時あんな風に言われてショックだったけど、あれはあれでよかったんだな、と思います。

 

今、何重にも重ね着していたおもーいコートを脱ぎ捨てていくかのように、少しずつ、身軽になってきている感じ。

 

ふわっとした心地よさがあります。

 

だから、好きな人にはもちろん、嫌だと思った人にも、「ありがとう」なんですね。

 

あぁなんか、わたし、めでたいぞ。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

この記事を書いたのは4月。

 

半年たった今、「めでたい」というほどふわふわしてはいませんが、この半年間、なんか気持ちが楽です。

 

みんなみんな、ありがとう(^^)

 

 

 
「ノブリの森」子育て講座・講演 
 ママ友には話しにくい、でもカウンセリングに行くほどでもないという方に
 本気で子育てを学びたい方、自分を変えたい方に
 子育て講演会の講師を探している!という方に

 

「ノブリの森」英語講座 
【第5回】 ママ向け英語サロン
初級:11月13日。 中級:11月9日
英語好きなママのための英語タイムです。スピーキングの練習とフリートークを楽しみましょう♪
 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)