[KLX125] シリンダヘッドの分解清掃 | KLX125お山徘徊記

KLX125お山徘徊記

ボロボロのKLX125でお山を徘徊、壊しては適当に修理する日々を綴ります・・・

さて、抱き着きいたピストンとシリンダーですが、この時点ではまだ呑気に、磨いて再利用すればいいか程度の認識でした・・・(無知って怖い)

とりあえずカーボンべたべたのヘッドを掃除することに。プラグホールは適当なボルトを突っ込んでおきました。

お安いAZの「強力」」キャブクリーナー、泡泡をぶっかけ、暫く放置して歯ブラシでゴシゴシと。

この時はまだピストン使えるやろと妄想してたので、ピストンは漬け置きに。

ヘッドのほうは割と綺麗になりました。

さていよいよバルブを外すのですが、まずはタペットカバーを外しておきます。ロッカアームには水色の塗料でタペットの締め具合が記されています。

排気側も。

カムシャフトを外すためのプレートが、プラスネジで止まっています。非常に固いので、ショックドライバーでぶっ叩きました。

ロッカシャフトはするっと抜けます。

ロッカアームが取れました。排気側、吸気側どちらも形状は一緒ですが、タペット調整の違いがあるのでどちらか覚えておきます。

いよいよバルブを外します。

バルブスプリングコンプレッサーは、ストレートのものを買いました。Amazonでもっと安く売ってましたが、評価を見ると精度が悪くて使い物にならないケースもあるそうなので・・・

ハンドルがある方がスプリング、ない方がバルブ側になります。スプリング側は一番小さい、バルブ側は一番大きいガイドを使いました。

精度が悪いわけではないですが、勝手が分からずスプリングシートを押さえるのに難儀しました。。。

バルブコッターはドライバーの磁力でくっつけて外します。

バルブが外れました。スプリングは青く塗ってあるほうが上になります(だいぶ剥げちゃってますが・・・)

古いオイルシールは、ラジオペンチでつまんで外します。

バルブはキャブクリーナーに一晩漬けこんで、翌日清掃することに。

ピストンリングの交換は経験あるものの、シリンダヘッドの分解は初めてだったので、ここまでで一日かかってしまいましたorz