ひとこと

テーマ:
富村です。



肋骨負傷の件につき、ご心配をおかけしておりますショボーン
ブログやHPにコメントをくださったり、お便りくださった方、本当にありがとうございます。



のぶ先生がこんなブログを更新してくれました

(クリック)


是非読んでください。





「パドドゥとは男性が女性をリフトするもので

女性が男性を持ち上げることはないワケで

落ちるとなると女性なワケで

落としたのは僕であって…

 

そこにどんな理由があれど心情があれど

人と車の事故は、法的には車が絶対悪いワケで

 

落としてしまった僕は本当に…

 

申し訳ない気持ちでいっぱいです。」





うん、ありがとうだけどね。


確かに彼の言うことはとても納得がいくし、一般的に考えて誰もがそう思うんだと思う。



のぶさんはパートナーとしてとてもプロフェッショナルだし、色んなところでパドドゥの何たるかを叩き込まれて踊ってきてるから、パートナリングはめちゃくちゃ上手だし、女性をいかに美しく見せるかをよく知ってる。


あっちもプロ。
こっちもプロ。



パドドゥは
連帯責任だと思っている。




私にもたぶん、度を超えた信頼

甘えがどこかにあったんだと思う。

そこは反省すべきところだから。


逆のこと、女性が男性に怪我を負わせてしまうようなことだってあるからね。



意味のないことは起こらないと思うし、この一件を通して、私達は多分夫婦として、パートナーとしてまた成長していくのだと思う。




とりあえず今できる事をしながら、しっかり治します〜照れ


いや、しかし痛いもんですな。