なぜ”汚いチラシ”の反応が高いのか? | バカ売れ集客チラシ作成講座

なぜ”汚いチラシ”の反応が高いのか?

不思議ですか?


こんにちは。
ブリッジワークの高橋です。


クライアントさんのYさんは、パソコンが苦手です。

だから、チラシはいつも「手書き」


しかも、Yさん、お世辞にも字が綺麗とは言えません。

手書きのチラシ、しかも文字は象形文字。
はっきり言って”汚いチラシ”です。


ところが、このチラシの反応率が驚くほど高い。


もちろん、僕のクライアントさん。
キャッチコピーやオファーの作り方は、
徹底的にアドバイス。何度も修正しました。


それにしても、このチラシ
誰もが顔をしかめるような仕上がりです。


でも、この反応率。


Yさんに限ったことではありません。
以前から薄々気がついてはいました。


「汚いチラシのほうが反応率が高い」


なぜなのか?


それは、「目立つ」からです。


======================
『目立てば80%は成功!マーケティングのツボ』
======================

動画をご覧ください。


例えば、今日の新聞に折込されたチラシを見てみる。

みんな「綺麗」なカラー印刷。紙はコート紙。

この中にYさんのチラシが折込されていたら・・


「なんだ、これ?」


目立つ。思わず見てしまう。


「差別化する」
これは、マーケティングの大原則。


Yさんのチラシは”汚い”ことで差別化されていたのです。


もちろん”汚い”だけで成果が上がるわけではありません。


「何を書くのか?」戦略と、
「どう書くのか?」ライティングの技術は必要です。


でも、他の「綺麗」チラシと、差別化されていることで、
興味を持つ。読む気になる。


「読まない」
集客チラシ、最大の難関を突破しているのですね。


「目立てば80%は成功だ」


これは映画俳優・映画監督のウッディ・アレンの言葉です。


まさに!


「目立つ」「差別化する」
これはマーケティングの大原則。


チラシに「目立つ」工夫していますか?


これ、考えてくださいね。


それにしてもYさんの文字、「読めねー」


それではまた!