マンション住民がインターネット接続詐欺のターゲットに! | 廣田信子のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・

こんにちは! 廣田信子です。

 

消費者庁は、9月25日、

 

ソフトバンクの正規代理店をかたって

マンションの管理会社の依頼を受けたように装い

「マンション全体のインターネット接続サービスを

「ソフトバンクに切り替える」と虚偽の説明をして

住民と契約を結んだとして、

 

消費者安全法に基づき、

(株)レイスペック社(静岡市)、Sail Group(株)(大阪市)

2社の事業者名を公表し注意喚起しました。

 

https://www.caa.go.jp/notice/notice/caution/property/assets/consumer_policy_cms103_200925_0001.pdf

 

住民に対する詐欺的口上は…

 

・マンションのWi-Fiの回線速度が遅いので、

   マンションの管理会社から

   別の無線ルータを無償でお渡ししているんです。

 

・各部屋のWi-Fi機器を交換しなければいけません。

 

・マンションのWi-Fiが遅いから、

   管理会社から許可をもらってソフトバンクに切り替えるので、

   その手続に回っています

 

などです。

 

また、

・マンション管理会社の関係者を装い

   マンション全体のインターネット接続サービスが

   切り替わるかのように告げて

   インターネット接続サービスの契約をさせる。

 

といったものもあります。

 

こういった相談が、

各地の消費生活センター等に数多く寄せられおり、

消費者庁が、消費者被害の発生と拡大の防止のために

情報を公表し消費者に注意を呼びかけているのです。

 

もちろん、

管理会社から、この2社に勧誘を依頼した事実も、

マンション全体のインターネット接続サービスが

このサービスに切り替わることになった事実も、

ありません。

 

こういった詐欺手法は、

この2社以外にも広がっている可能性があります。

 

マンション全体で

インターネット接続サービスを契約しているところは

ぜひ、注意を呼びかけてください。

 

それにしても、詐欺商法を考える人は、

ほんとうに、人々の潜在的ニーズを嗅ぎ取るのがうまい…

と思いました。

 

コロナ禍で、インターネット利用者が増えたことで、

 

マンション全体で

インターネット接続サービスを契約しているマンションで、

 

速度が遅い、

リモート会議中にフリーズしてしまう、

等の不満の声を聞くからです。

 

そんな不満を持っているところに、

こんな話をされたら、コロッと騙されるかもしれません。

 

管理組合運営がしっかりしているマンションでは、

 

総会の決議もなく、

こんなことが行われるはずはない…と気づくはずですが、

 

何でも、管理会社に任せきりだと、

管理会社の名前を出されると、

信用してしまうかもしれません。

 

騙されないように呼びかけるのと同時に、

 

各家庭でのWi-Fi利用はますます増えるでしょうから、

 

インターネット接続に対する不満があれば、それに耳を傾け

対策を考えることも必要になってくるでしょう。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

 

---------------------------------------

Facebookでもお届けしています!