ウイルスは生物ではない? | 廣田信子のブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・

こんにちは! 廣田信子です。

 

新型コロナウイルスに関して、

知人からたくさんの情報が届きます。

 

その中に、次のようなものがありました。

 

ウイルスは生物ではありません。

たんぱく質の遺伝子(DNA)が油脂の層に包まれたものです。

 

それが、眼球や口や鼻の中の粘膜に付着すると、

細胞に侵入し、遺伝子情報をウイルスのものに書き換えます。

その細胞が増殖することで、ウイルスは急激に増えます。

 

ウイルスは生物ではないので

抗生物質も効きませんし、死にません。

しかし、タンパク質の分子なので、破壊することはできます。

 

ということで、

その破壊する方法(石鹸や消毒)

についての情報を送ってくれたものがありました。

 

でも、これだけじゃ混乱するのでは…と思いました。

 

ウイルスは生物じゃないから死なないと言われても、

 

テレビでは、盛んに、新型コロナウイルスは、

空気中を漂う飛沫の中でどのくらい生きているのか、

ドアノブではどのくらい生きているのか…

という話がされているのですから。

 

以前に読んだことがある

神戸大学の中屋敷均教授(分子生物学)の文章を

思い出しました。

 

中屋敷先生は、

「ウイルスは生きている」という本を書かれてます。

 

このタイトルに対する反応には、

正反対のものが二つあったといいます。

 

一つは、

「ウイルスが生きているって、当たり前じゃない」

というもの、

 

もう一つは、

「こりゃまた、ずいぶん挑戦的なタイトルですね」

というものだった…と。

 

前者は一般読者、後者は生物学の知識がある方の反応です。

 

素人的には、

様々な感染症を引き起こすウイルスは、

コレラ菌やぺスト菌のような微生物の一種と思いがちだが、

 

生物学の世界では、

一般に、ウイルスは「非生物」と扱われているからだ…と。

 

ウイルスが生物学で生物ではないとされるのは、

「細胞」という「部屋」を持たないから。

 

しかし、近年、その常識も揺らぎ始めている…と。

 

詳しくは、下記に書かれていますので、

ぜひお読みいただきたいと思います。

ものすごく分かりやすい文章です。

 

https://synodos.jp/science/20043

 

「生」と「死」、

「生きていること」と「死んでいること」、

「生物」と「無生物」の境界は、

一般に思われているよりはるかに曖昧なものなのだ…と。

 

その曖昧さを生み出している存在の一つが、

ウイルスなのです。

 

細胞構造を持たないという理由で、

ウイルスを生物に含めない…と定義することは可能だ。

しかし、では、ウイルスとは何なのか?

と問われると答えに窮する。

 

そこらにいる細菌と

さほど変わらない数の遺伝子を持つまで複雑化し、

常に進化する存在を、

 

「単なる物質」とみなすことは、

もう難しいと言わざるを得ない…と。

 

「生命」が単純な化合物から進化して来たとするならば、

「生物」は「物質」と呼ばれるものまで

切れ目なくつながっているということになる。

 

ウイルスはそのはざまに存在し、

橋渡しをしているかのようだ。

 

ただ、

私たちが、「物質」と「生物」が一つのつながりと言う時に、

どこか感覚的な違和感があるのもまた事実である。

その違和感の正体は何だろう?

 

そこには人間が持つ二つの「生」という問題がある。

 

一つは、

DNA情報からなる生物である「ヒト」としての「生」あり、

 

もう一つは、

脳情報からなる人格を有した人としての「生」である。

 

しかし、40憶年とも言われる生命の歴史を見れば、

脳情報による「生」は、

DNA情報による「生」の上に二次的に派生した、

おそらく一部の生物のみが持つものだろう。

 

したがって、

我々とウイルスは一つにつながっているのだ。

 

「生物と非生物の境界」は、結局、

人間の脳が作り上げたものに過ぎないのかもしれない…と。

 

この話は、ものすごく私の中に落ちました。

 

そして…

「生物」と「非生物」の間にある存在であるウイルスが、

自らを「生物」の長であると思っている「人間」に

次々に挑んでくることの意味を一瞬考えました。

 

「人間」に

自然の摂理に対する驕りはなかったのか…と。

 

今は、そんなことを言っている場合じゃないですが…。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

 

---------------------------------------

Facebookでもお届けしています!