RPA導入で管理会社は大きく変わる | 廣田信子のブログ

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・

こんにちは! 廣田信子です。

 

昨日は、

管理会社の管理組合業務効率化の

ITソリューションの最前線の話を聞きました。

 

会計業務や報告書作成等の

ITソリューションはすでに進んでいますが、

 

さらに、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の導入が

進んでいるのです。

 

RPAとは、典型的なパソコン操作を、

ソフトウェアで自動化することです。

 

既存システムをそのまま利用できるのが特徴です。

 

たとえば、マンション会計では、

定期的に口座振替データを作成し、

振替、入金処理をしなければなりません。

 

各マンションの振替先の銀行ごとに

繰り返しデータの取り込みが必要になりますが、

 

その都度、

マンション名、期間、ID、パスワード等の入力が必要で、

銀行データの取り込みに時間が掛かったり、失敗することもあり、

事務作業にかなりの時間を要します。

 

それを、コンピューターソフトにさせようというのです。

 

夜中に、するべき仕事が自動的に実行されるように

セットしておくと、

 

コンピューターは、

黙々と、データ取得に必要な情報入力を行い、

休憩も必要とせず、文句も言わず、一晩中働くのです。

 

で、朝には、すべてのデータ取得が終了し、

それぞれのマンションのファイルに保管されているのです。

 

収支報告書や督促状をはじめ、

必要な帳票は、自動的にすべて作成されます。

 

帳票は、エクセル変換もできるので、

マンションの特殊性に合わせた修正も簡単です。

 

紙の報告書を自動でプリントアウトすることも、

督促状を担当者に自動でメール送信することもできます。

 

コンピューターがすることなので、入力ミスもありません。

担当者の急病等で業務が滞ることもありません。

 

さらに、クラウドでの安全なバックアップも

自動で行うことができます。

 

 

RPA は、ロボット専用のハードウェアを必要とせず、

既存システムのPC などにソフトウェアとして導入し、

カスタマイズするものです。

 

主にキーボードやマウスクリックなどのPC 操作を代行し

データから判断が必要な作業も補なってくれるものです。

 

今までも、業務アプリケーションの導入で、

かなりシステムの効率化は実現されてきましたが、

それでも、まだまだ人力に頼る部分が多かったのです。

 

今後は、事務系のオペレーションで、

単純作業や繰り返し行われる作業は、

ソフトウェアでロボット化が可能になります。

 

誰がやっても同じ結果になる仕事は、

人がやらない方がいいのです。

 

人は、自己の能力向上につながらない仕事に対して、

モチベーションが維持できませんし、ミスも生じます。

ロボットにはそれがありません。

 

RPAの導入により、労働生産性が向上し、

それが働き方改革にもつながります。

 

そういえば、

そういうテレビコマーシャル最近よく見ますよね。

 

RPAの導入によって、

一つの部署が消えてしまうほどの変化が

すでに、おこっています。

 

今後は、単純な事務作業をコンピューターにさせることで、

浮いた人材や時間を何につぎ込むかが問われます。

 

付加価値が高い

より創造的な仕事にシフトしていく環境が整ったのです。

 

管理会社は、

管理組合のニーズに応える顧客サービス、

将来を見据えたパートナーとしての提案力が

問われるようになるのです。

 

管理会社には、

これまであまり求められてこなかった「創造力」が

必要とされる時代になり、

必要な人材も変わってくるのです。

 

変化にいち早く対応するトップの方々の柔軟性が

今、求められているのだと思います。

 

楽しみな時代でもあります。

 

久々にマンションの未来に対して、

明るい気持ちになりました。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

 

---------------------------------------

Facebookでもお届けしています!