20代未満の韓国人の57.1%は日本に良い印象を持っている? | 廣田信子のブログ

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・

こんにちは! 廣田信子です。

 

日韓関係の悪化が懸念されています。

 

歴史的な経緯を考慮したとしても、

この2、3年の韓国という国の日本に対する振る舞いには、

多くの日本人が不快感を覚えていたと思います。

(口に出す、出さないは別として…)

 

そんな中、政府が、

半導体素材の輸出手続き簡略化の優遇措置を受けられる対象国

(ホワイト国、Aランク国と言われる)から、

韓国を除外したことに対しては、

 

ちょっと留飲を下げ、

賛同している日本人の割合が多いようです。

 

このニュースを最初見たときは、

どういうことかよく理解できませんでしたが、

 

いろいろなことが分かってくると…

 

韓国の輸出管理があまく、

日本が輸出した材料で製品化されたものが、

大量破壊兵器などに転用できる戦略物資となり、

第三国経由でイランや北朝鮮に流れたと疑われる事案が

続出したこと、

 

そのことは韓国メディアでも報じられたが、

韓国は最終用途確認の要請に応じなかったこと、

 

そして、

これを知っていながら放置することは、

日本にとっても、

国際的な信頼を失わせることになりかねない

重大な懸念があること…等の事情がわかりました。

 

そして、

そもそも、EUにとっては、韓国はBランク国ですし、

 

日本におけるBランクというのも、

アジア諸国と比較すると一番高いランクであり、

 

Bランクでも、正当な手続きがなされれば、

普通に輸出が許可されるのだから、

やましいことがなければ何の問題もない。

 

Aランクと言うのは、

特別な信頼関係がある国に対する特別のものだ。

 

と考えると、

近年の韓国の振る舞いを思うと、

Bランクになったのは、当然のことのようにも感じます。

日本と韓国のこれまでの関係の特殊性を考えなければ…。

 

しかし、

日本と言う国は、

韓国がどんな振る舞いをしても許容すべき国なんだと

韓国政府は思っていた(日本もそう思わせていた)

のですから、

 

今回のことは、韓国にとっては、あってはならないことで、

考えてもいなかったことなので、

有効な対応策も見当たらず、

 

日本を攻撃し、国民感情を煽って、

日本を困らせて、措置を撤回させたい…と、

 

なりふり構わない状況になっているように見えます。

 

 

しかし、2カ月前に遡ると…

 

今年6月に発表された日本と韓国の共同世論調査、

 

(日本の非営利組織「言論NPO」と

韓国のシンクタンク「東アジア研究院」が、

5月中旬から6月初めにかけて

日本と韓国でそれぞれ約1000人を対象に行った世論調査)

 

では、

 

韓国に対する印象が「良い」と回答した日本人は

20.0%で過去最低となりました。

 

その一方、

日本に対する印象が「良い」と答えた韓国人は

31.7%で過去最高となり、

特に20代未満では57.1%に上りました。

 

韓国の反日教育の中で育っても、

お互いの国を訪れ直接交流することや

インターネットを通じて情報や文化に触れることで、

日本に対する印象は変わるのです。

 

この時のニュースで、

「東アジア研究院」の孫院長は、

日韓両政府は韓国世論の反日感情を前提とした政策作りを

見直すべきだと指摘していました。

 

今回のAランク除外の措置は、

この世論調査後の動きになるのですが、

 

それによって、

韓国の若者の日本に対する印象が

急に変わるということはないと思います。

 

私たち日本人は、

ほんとうに心しなくていけないと思います。

 

この時、日本に対する印象を「良い」を答えた人たちの

今後の気持ちが変わるかどうかは、

 

政治家や政府や一部の運動家が、

何を言って、何をしたかではなく、

 

私たち日本人一人ひとりがどう振舞うかだ…と。

 

 

韓国では、

日本製品を買わない、日本に行かないという運動が、

政治家や自治体の首長までが率先して

激しく繰り広げられていますが、

 

それにどうこう言うのではなく、

それに何か過敏に反応するのではなく、

 

私たちは、そんな韓国の空気の中で、

はやり日本が好きだと思って、

日本を訪れる韓国の人たちを、

 

心からウェルカムの気持ちで迎え、

気持ちよく安全に楽しんで帰国してもらえるようにし、

日本人としての矜持を示したいと思うのです。

 

韓国の人が作った製品がいいのであれば、

躊躇なく買って、

おいしい韓国料理はどんどん食べましょう。

 

在日韓国人の方に対するヘイトスピーチなんて、

絶対に許さないようにしましょう。

 

韓国政府や一部の運動家が

どんなに日本に対する失礼な言動をしても、

マスコミがそれを煽るようなことがあっても、

私たちは、それに巻き込まれないようにして、

 

日本に好意を持ってくれている韓国の人たちに、

誠意を尽くしていきたいです。

 

経済がこれだけグローバル化して、

地球を何度も破壊できるほどの兵器を持ってしまった地球で、

徹底的に戦って勝つ国なんてないのです。

すべてが敗者です。

 

そして、韓国が、日本の隣国である事実は、

どんなにグローバルに情報が行き交う時代になっても

変わらないのです。

 

今回の政府の措置に、賛否の意見がありますが、

 

将来、振り返った時に、

あの時が、日韓関係の新たな一歩になったと

言えるかどうかは、

 

私たち国民一人ひとりの

今の振る舞いにかかっているのだと思います。

 

こんなときだからこそ、

私たちは、世論調査で、

日本に良い印象を持つと答えた6割近い

未来を背負う韓国の若者のことを思い出し、

大人の振る舞いをしたいと思います。

 

最後、国を変えることができるのは、

国民の声であり、国民一人ひとりの言動なのです。

 

そして、大人の振る舞いこそが、

合わせ鏡のように相手を変えていく力を持つのです。

 

私を含め人間は、

あの激しい日本攻撃の映像を見て、

韓国に好印象を持てといわれても、

気持ちがついていかないのは当然ですが、

 

でも、自分の言動を意識することで、

気持ちを変えることはできます。

 

来週は、

お盆休みで人が集まる機会が増えると思います。

 

日韓関係や韓国の過剰な反応に対する話題はやめて、

 

高校野球や、全英優勝の渋野日奈子さんや

小泉進次郎・滝川クリステルのビッグカップルの

明るい話題で盛り上がりましょう。

 

過剰に反応しない…ということが、

大人としての品格であり、

対立している問題の深刻化を防ぐ唯一の方法だと思うのです。

 

マンションでも…と続けたいとところですが、

長くなるので、

続きはまたの機会にしたいと思います。

 

私も、来週は夏休みをとらせていただきます。

次回は、8月19日(月)にお会いしたと思います。

 

どうそ、皆様よいお盆休みを!

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

 

---------------------------------------

Facebookでもお届けしています!