非正規雇用が増えた本当の理由は… | 廣田信子のブログ

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・

こんにちは! 廣田信子です。

 

うまく社会に順応できすに、

「ひきこもり」になってしまっている人、

 

「非正規」から抜け出せずに、

将来に希望を持てないまま中年になった人、

 

その人たちをどう支えるかが、

社会の大きな課題と

ようやく認識されるようになってきました。

 

その背景には、

企業が、利益優先のあまり、

「正社員」を「非正規」に置き換えていったことがある…

 

と思われていますが…

 

1982年~2007年の25年間で、

18~54歳の男女の「正社員」「非正規」「自営業」

「パート・アルバイト」「無職者」の割合を見ると、

 

ちょっと意外なことが分かります。

 

この間、「正社員」の割合は

ほぼ変わっていないのです(46%→46%)。

 

この25年の間に、

少子化で労働人口が減少しているにも関わらず、

就労者は10%も増えています(3206万人→3535万人)。

 

労働市場全体のパイが増えたので、

正社員を非正規に置き換える必要はなく、

増加分が非正規で埋められていったことが分かります。

 

バブル崩壊で、

大企業が破綻し、「リストラ」が話題になった時代でも、

 

日本全体としては、

日本企業内で、すでに正社員だった人たちの

長期雇用慣行は温存されていたのです。

 

では、正社員比率が変わらない中で、

大きく変わったのは何か…というと、

 

大きく減ったのが、

「無職者」(26%→23%)と「自営業者」(14%→7%)。

 

大きく増えたのは、「非正規」(4%→12%)です。

 

まず、「無職者」が減ったのは、

「専業主婦」の減少です。

 

バブル崩壊による家計のひっ迫や価値観の変化で

「専業主婦」が本格的に働きに出るようになったのです。

 

その当時、

女性の中途採用の「正社員」のハードルは高く、

「非正規」採用が大多数だったことが、

「非正規」の割合を押し上げる要因のひとつになったのです。

 

そして、

農業、飲食業、町工場、町の商店等の自営の仕事が

次々に廃業し、

自営業者だった人たちが「会社員」となっていきます。

 

中途入社なので、

やはり「正社員」のハードルを越えられずに、

「非正規」となる割合が増えます。

 

そして、昔なら、

家業を継げばいいということで、

就労のための勉学を必要としなかった自営業の子供たちも

継ぐべき「家業」がなくなり、

急に、「会社員」になる必要が生じます。

 

就職氷河期に準備不足だと、

やはり、「非正規」となる割合が増えます。

 

こういった状況で、大きく変わったのが、

22~29歳男性の就業状況です。

 

1982年、正社員比率は75%でしたが、

これが、バブルの頂点(1992年)で77%まで上がったのに、

2007年には62%まで落ち込んでいます。

 

10%以上減っているのです。

 

この間、それに反比例するかの如く、

「非正規」の割合は、4%から15%に増えています。

 

20代の男性の正社員雇用が破壊され、

非正規に置き換えられていったことは明らかです。

 

そして、その状況から抜け出せずに、

今、40代、50代になっている人たちが

たくさんいるのです。

 

そして、

その苦難から自分自身に価値を見出せずに、

ひきこもりになる人も少なくありません。

 

そして、その親に当たる団塊の世代は、

その子たちを自宅に抱え込んで

生活の面倒を余裕があった人たちが多いので、

 

この問題は、見えにくかったのです。

 

それが、その親の高齢化でピンチになっているのです。

 

でも、これは個々の家族の問題ではありません。

 

平成の日本の労働市場は、

若者(特に男性)の雇用を破壊することで、

中高年(団塊の世代)の雇用が守られたのです。

 

そのつけを、

たまたま時代の巡り合わせが悪かった人たちに、

負わせていいはずがありません。

 

経済的に余裕があり、

自分の子供たちも無事、この時代を乗り切っている

団塊の世代以上の人たちは、

 

これは対岸の火事のように思うかもしれません。

 

でも、私には、

誰にでも起こりうることだと思えます。

そして、誰が悪いのでもないのです。

 

その人たちが「生きていける場づくり」は、

社会全体の問題だと思えるのです。

 

先日、ひきこもり対策に関して、

専門家が語っていた言葉が印象に残っています。

 

なんとか社会に復帰させようとか、

就業させようとかいうのではなく、

今のままでも、穏やかに生きて行ける道をつくって

精神的に安心させてあげることが必要。

 

本人は、十分、

このまままではいけないと自分を責め、

親がいなくなったらどうなるのかと不安にさいなまれて、

 

社会に自分が必要とされていない絶望を

感じているのだから…と。

 

いろいろな要素が絡み合っている社会を

一つのことだけにフォーカスして

一気に変えていくのは難しいかもしれませんが、

 

一人、一人の思いは変えられます。

 

「絶望」を抱えている人たちが、

社会の中でひっそり暮らしているという現実だけは、

忘れないでいたいと思います。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

 

---------------------------------------

Facebookでもお届けしています!