宅配ボックスを共用施設等の鍵の受け渡しに | 廣田信子のブログ

廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・


テーマ:

こんにちは! 廣田信子です。

 

少し前の新聞記事に、宅配ボックスを、

共用施設や共用自転車の鍵の受け渡しに

利用しているという記事がありました。

 

調べてみると、

このサービスは10年前から始まっていて、

テレビでも取り上げられたことがあるようですが、

私は知りませんでした。

 

なかなかいいアイデアだと思ったので、

シェアしたいと思います。

 

あるマンションでは、共用自転車の鍵の受け渡しにも

宅配ロッカーのボックスを使っています。

 

宅配ロッカーについたタッチパネルを操作しながら、

非接触のICチップを内蔵した自宅玄関の鍵をセンサーにかざすと、

共用鍵を入れているボックスの扉が開きます。

 

ボックスの中はさらに8つに区切られていて、

それぞれに、集会室、コミュニティホール等

共用施設等の鍵が入っています。

 

そのひとつに共用自転車の鍵のボックスもあります。

 

 

共用施設の使用に関しては、鍵の引き渡しに苦労します。

 

施設の申し込みはネット予約システムを取り入れても

鍵だけは、「もの」の受け渡しが発生します。

 

常に受付にコンシェルジュがいるようなマンションは

ごく少数ですから、

 

管理員さんがいない日は共用施設が使えなかったり、

担当理事の手を煩わせることになります。

 

共用自転車も、

鍵の受け渡しが面倒で

うまく運営できずにやめたところもあります。

 

宅配ロッカーが設置されているマンションだったら、

そのボックスの1つを活用することで、

無人の鍵引き渡しが始められるので、

これはいいと思いました。

 

管理員不足、人件費の高騰で、

巡回管理(管理員さんがいない管理)を検討するところも

増えてくると思います。

 

ネット予約と宅配ロッカーの鍵受け取りを組み合わせれば

管理員さんがいない不便を補うことができそうです。

 

また、宅配ロッカーを

住人がシェアして使うものの管理につかっている

ケースも増えているといいます。

 

掃除ロボット、窓ふきロボット、自転車の空気入れ、

日曜大工のための工具ボックス等の貸し出しに

ボックスを使っているといいます。

 

たまにしか使わないけど、必要で、

しまっておくスペースに困るものが、

手軽に借りられたらうれしいですよね。

 

宅配の件数が年々増え、

留守宅への再配達の負担が問題になっています。

 

また、過去記事に書いたように、

今、新築マンションでは、

宅配受け取りシステムの充実度が

物件を選ぶポイントになるぐらい重要視されています。

 

https://ameblo.jp/nobuko-hirota/entry-12398428978.html

 

在宅していないときにも荷物を受け取れるというだけでなく、

玄関の鍵を開けなくても荷物の受け渡しができるという

安全性も重視されているのです。

 

宅配ロッカーがない既存のマンションで、

宅配ロッカーを新設してほしいという要望もあるでしょう。

 

宅配を利用する個人の利便性を図るというだけでなく

 

共用施設の鍵や、共用で使用する「もの」の

受け渡しで利用することを組み合わせると、

 

宅配ロッカー導入の合意形成が

しやすくなるかもしれませんね。

 

もちろん、共用で施設やものを使う場合は、

使用ルールをきちんと守ることが必要です。

 

無人の気安さから使い方がラフにならないよう、

宅配ロッカーの設置場所に

防犯カメラは必要かもしれませんね。

 

私は、宅配ロッカーシステムを活用して

「もの」のシェアが広がることに、

マンションらしくていいな~と心惹かれました。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

---------------------------------------
Facebookでもお届けしています!
→ Facebook

 

廣田 信子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス