廣田信子のブログ

マンションコミュニティ研究会、MSC㈱代表廣田信子より
日々のマンション生活やお仕事に、また人生にちょっとプラスになるストーリーをお届けしています。
一人ひとりが自分らしく活躍しながら、力を合わせることで豊かに暮らす、新しいコミュニティ型社会を目指して・・・


テーマ:

こんにちは! 廣田信子です。

 

2016年、電力の完全自由化後、

管理組合は、共用部分の電気料金をどこから購入するか

検討していますか?

 

大口利用者である管理組合に対して、

電力会社によっては、かなりの減額プランを出してくるようです。

 

先日、購入先を変更した管理組合のお話を聞きました。

 

電力会社間の競争は激しいですから、

本気で各社を比較検討するとそれなりの成果があるのです。

 

その団地では、

全体共用部分、各棟共用部分で、それぞれ高圧、低圧と

多数の契約があります。

 

各社の比較をしたところ、

棟によって最安値の電力会社が違うので、

棟によって購入先を変え、

多いところで10%削減できたといいます。

 

さらに、

今後も各社の新提案、新メニューが出ることを見越して、

見直しができるよう短期契約にしている…と。

 

そういう時代になったのだと実感しました。

 

棟ごとにより安いところから購入する、

短期契約で常に見直していく…

「電気料金」の概念が、一昔前とは全く違っています。

 

この団地の共用部分の電気料金削減額は、

年間250万円にもなります。

 

電気はどこから購入しようが、

東京電力(関東の場合)の既設の送電線から、

同じように供給されます。

 

電気の供給は、送電網への供給の数字上のやり取りであり、

 

例えば、東京で関西電力から電気を購入すると言っても、

関西から東京まで電気を送ってくるわけではありません。

 

当たり前ですが、

その辺が、何となく分かりにくいところですよね。

 

ですから、購入先を変えても、

何の設備改修の必要もないし、費用もかかりません。

 

もし、変更した電力会社が倒産した場合は、

すぐの元に戻すことができます。

 

そもそも数字上のやり取りだけなのですから。

 

震災等の場合も、

送電網の管理は、東京電力(関東の場合)ですから、

どこから電気を購入していようが復旧に差はありません。

 

そして、これは共用部分の契約の話なので、

専有部分の契約は、各個人の選択で、

それぞれが自由に契約先を選ぶことが可能です。

 

ここが、一括受電とは大きく違うところです。

 

 

じゃあ、契約先変更の管理組合内手続きは…というと、

 

たいていの管理組合は

どこから電気を購入するか、いちいち総会決議をしたり、

予算案に明記していないと思います。

 

ということは、

電気の購入先を変えるのに、

総会決議はいらないと考えられます。

 

むしろ、経費節減につながることは、

できるだけ早く切り替えた方が管理組合にプラスになります。

まったく同じものを、より安く購入するのですから。

 

ということで、

お話を伺った管理組合は理事会決議で切り替えています。

 

これからは、管理組合の執行機関である理事会には、

経費節減に敏感に対応することが

より求められるようになるでしょう。

 

今後、増えるであろう「第三者管理者方式」

すなわち、理事会がなく、

外部の管理者に執行を委任している場合だったら、

 

できるだけ安く購入するための努力も

管理者の役割と考えられ、

 

何もしないでいると、

「何で、高いところから電気を買い続けているんだ」

と責められることにもなりそうです。

 

同じ「もの」や「サービス」であったら、

どこから購入するのが一番安いかということが、

簡単に比較できるようになった時代は、

たいへんです。

 

個人でも、常に、ネット上で価格を比較し、

少しでも安いところから購入するのが、

当たり前の時代になりました。

 

数年前、知人から、

自動車保険は、毎年、価格を比較して保険会社を変更している

と聞いて、

 

え~そんな面倒なこと私には無理と…思って

ディーラー任せだったのですが…。

 

昨年、最低1万円は安くなることが分かっているのに、

さすがに怠慢かも…と思って、

初めてネットで申し込みをして保険会社を変更しました。

 

そして、今年の更新時、

そのままネットで更新かな…と思っていたのですが、

 

更新も、他社と新規契約も、手間は変わらないので、

一応、サービスと価格を比較して、

何と、違う保険会社と契約しました。

 

金額の違いは少しですが、

このくらいの手間でできるのであれば、

保険会社変更も何の面倒もありません。

 

…と、面倒なことが苦手なこの私が、

思うようになったのですから、

 

みんなの大切なお金を任されている理事会は、

電気をどこから、いくらで買うのが一番得か、

常に敏感にならざるを得ない時代なのです。

 

一度見直したら、終わりじゃないんですね。

 

 

---------------------------------------

ランキングに参加しています。
クリックしていただけると励みになります!



マンション管理 ブログランキングへ

にほんブログ村 住まいブログ マンション管理へ
にほんブログ村

---------------------------------------
Facebookでもお届けしています!
→ Facebook

 

 

廣田 信子さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。