ボタニカリー@大阪本町 早起き三文の得!早起きしてボタニカリーを目指せ! | 一万回接待した男「ミトミえもん」の食べ歩きブログ

一万回接待した男「ミトミえもん」の食べ歩きブログ

ミトミえもんが世の中食べ尽くします。


テーマ:

{77B01354-AF9F-4280-B9AD-644EA412CEC7}

早起きは三文の得。これを実感できるのは大阪の人気カレー店『ボタニカリー』。そもそも入店のために早起きが必要なのです。人気店につき整理券のシステムを導入。整理券は10時から配布しているので、ポールポジションをとるにはそれより前の来店が必要だ。

{243BB0CC-1EA2-4B83-9B8D-A6BFAC8F9F8B}

だが、早起きの得は早く食べれるってことではない。ボタニ(チキン)、シュリンプ(エビ)、ポージョ(チキン)の中で合いがけのカレーを注文できるんです。(12時〜13時半を除く時間だから、遅起きでも大丈夫なんだけどね)。ということで注文したのはボタニカリーとシュリンプカリーの合いがけ。辛さは1辛、トッピングには玉子ピクルスでお願いします。

{811CC4FC-EB52-4693-BCEA-5AEEA370D85E}

大阪のスパイスカレーは数あれど、その美しさではトップクラス。色とりどりの野菜が器を賑やかにしてくれます。トッピングの玉子もちゃんと活躍してくれてます。もちろん味の幅も作り、辛さを中和する役割も果たす。スプーンをすくうたびに味が変化していくのが非常に面白い。

{6ABA884B-FB57-4E03-AAA8-59AB424D2C7F}

カレーはそれぞれ十分に美味いが、キーマの部分が特に素晴らしい。スパイスをまといつつ、非常に肉感も強い。内側から肉の旨味と、外からコーティングしたスパイスの香りが双方感じられる。単体でも十分美味いので、むしろ量が物足りない。ということは、ボタニのカレーは早起きだろうと遅起きだろうと、結局楽しめるということだ。

ミトミえもんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス