漢字一文字で表す今年の自分~大阪版 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

大阪塾でも漢字一文字で、今年の自分を表現してもらった。

なんと8人中3人が「信」。

塾長をヨイショしたわけではないと思うが…。

●「信」~スタッフを信じ切る。口も手も出さないようにする。

●「信」~「信は力なり。国を治め家を治めるものは、常に克く勝者たり」と、父は「信治」という名前の由来を教えてくれた。分け与えただけ信頼されると思う。

●「信」~円満退職したが、その社長に「信用信頼されることが大事」と言われてきた。

●「愛」~下心の「恋」から中心に心がある「愛」に!常に「そのふるまいに愛があるか」と自問自答。自分愛もダイジにしたい。

●「新」~新しいことにチャレンジし、仕事にも生かしたい。

●「声」~声はことばを運ぶ道。穏やかな口調で、ことば選びも気をつけて。

●「賀」~自分の名前「大賀」の「賀」は、めでたいこと、いいこと。

名は体を表すようにしたい。 

●「電」~自分に電気ショックを与えたい。

 

「喜」「怒」を表す12のことばの中から、自分のベクトルを知るワークにも取り組んでもらった。

感情表現の言語化は、バロメータとしてとてもダイジだと思う。

人前ではしゃぐのはいかがなものかと省みたり、共に喜び合いたいと感じ入ったり。

怒の感情は出したほうがいいと思ったり、子どもに怒りをぶつけていたことを反省したり、社会規範が守れない人に怒りが抑えられない自分に気づいたり。感情のコントロールの難しさを、言語化によって知ることが出来たようだ。