ことばのドア~U25ことば磨き塾 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

「ことば磨き塾」のドアは、いつでも開いている。

毎月、ドアを開けておくと、故郷に帰るように、時折訪ねてきてくれることがある。この日(10月29日)も、原日香莉さんが顔を出してくれた。

彼女は、いつもとびっきりの「笑顔」。

彼女がいるだけで、場の空気が明るくなる。

大学を出て就職した会社が、性に合わず、笑顔が消えかけた時もあった。その時も、気晴らしに来てくれた。

それから、およそ1年。オーストラリアに留学する報告に来てくれた。

転職してホテルのフロントで働くうちに、英語を改めて学びたいと思ったようだ。「今回も参加して本当によかった。オーストラリアで不安になったり寂しくなったりすると思うけど、その時に思い出すことばを、たくさん吸収出来た」と喜んでいた。原さんが、一回り成長した姿を見せに来てくれるのが楽しみだ。

 

若者たちが、

どんなことで、ことばを取り扱いあぐねているか聞いてみた。

会話が続かない。会話がちぐはぐ。

人に合わせようとしている。家族に素直に謝れない。

断るのがヘタ。

こで対策として…。

会話を無理して続けようとしなくていいのでは。

無理して「また会おう」と言わず、「きょうは会えて嬉しかった」と言う。

家族にツンツン出来るのは有難いこと。

「改めてご縁をいただきたいときは、こちらから連絡さしあげます」と断ってみる。

 

きょうのよかった探しもしてもらった。

「免許写真がよく撮れた」「時間通りに行動出来た」

「髪型がいいい感じ」「昼食を残さず食べた」

「雨がやんだ」「朝、バリ早く起きられた」「きょうが迎えられた」

何気ないことは素晴らしいことだ。とるに足らないことは一つもない。

 

(原日香莉さん)