宝塚で宝探し | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。

インタビューは、目的のない宝探し。

どこに宝が隠されているかわからないから果てしない。

だが、ふと「ありか」に気づく一瞬がある。

だが、それは一瞬だけに見逃すことが多い。

事前に立てた計画や作戦は役に立たない。

無心に「ありか」と出会うまで探し続けなければならない。

 

宝塚ことば磨き塾(10月29日)は、塾生同士のインタビュー。

どういう化学反応が起きるか楽しみなコンビを、ボクの直感で選ぶ。

用意した漢字一文字が書かれたカードを引き、

その字に基づいたインタビューをしてもらう。

・「花」のカードを引き当てたコンビ。

 マーガレットが好きだという女性は、

 「マーガレットでいたい」とまで言った。

 「ありか」が出てきたのに、そのフォローはなかった。

・「恋」のカードを引き当てたコンビ。

 恋をしたい。

 しかも、リチャード・ギアと渡辺謙と寅さんを合わせたよう男性と。

 これだけ役者が揃っているのに、 宝がザクザク出てきたのに、

 聞き手はスルーしてしまった。

・「音」のカードを引き当てたコンビ。

 雨の「ポツンポツン」という音が好きと、

 ロマンチックな人柄が感じられる答え。だが、スルー。

宝が目の前にあるのに、もったいない。

宝を掘り当てるには、全身を耳にして、五感をフル活動するしかない。