内田先生の盤寿祝い対局 | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

きょうは、本郷高校の恩師、内田祐愛先生を囲んでの将棋対局。

年1回の恒例行事だが、あっというまに1年が廻る。

去年は、女流棋士・高橋和さんが運営する将棋サロンで、

傘寿をお祝いしたが、今年は内田邸に戻り、盤寿のお祝い。

 

盤寿とは、将棋界に伝わるお祝い。

将棋盤は、81マスあるが、それにちなんで81歳のお祝いをするのだ。内田先生は、今年も穏やかな笑みを湛えて迎えてくださった。

お変わりなくいてくださることが、何よりだ。

2012年、NHKを辞めた年、満を持していたかのように、内田先生からお誘いの電話があった。その年は、ボク1人。

翌2013年、清流出版の秋篠貴子さんをお誘いした。

さらに2014年、本郷高校の後輩で奨励会OBの鵜木学さんが加わった。以来3人組で対局に臨んでいる。

 

盤寿のお祝いの品は、駒と駒台を鵜木さんがセレクトしてくれた。

楓の木の彫り上げ駒。3人の祝辞を書いた色紙もお渡しした。

対局は、4人総当たりのリーグ戦。

ボクは、秋篠さんに必敗の将棋を逆転勝利。

鵜木さんには、今年も全く歯が立たなかった。

そして迎えた3局目。この日2敗の内田先生と対戦。

角換わり腰掛銀の戦いになったが、ボクに見落としがあり完敗。

ほかの2人は趣旨がわかっていないようだったが、

ボクは、役目を果たした(笑)。

 

きょうは、歓談タイムの時間もたっぷり。

昼食も夕食もいただきながら、思い出話や将棋界の話、近況など

話が弾んだ。

 

(左から、ムラカミ、内田先生、秋篠さん、鵜木さん)

(先生に謹呈した将棋駒。楓の彫り上げ駒)

(〇鵜木ー●内田戦)

(〇ムラカミー●秋篠戦)

(●ムラカミー〇鵜木戦)

(〇秋篠ー●内田戦)

(●秋篠ー〇鵜木戦)

(●ムラカミー〇内田戦)