はなしききや | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

名刺に『はなしききや』と書いてあった。

名は坂本純子とある。

この人も「全身で聴く」ことが出来る人に違いない と、

ボクのセンサーが働いた。

坂本さんを訪ねて、千葉県船橋市まで行ってきた。

80歳だが、どう見ても60代にしか見えない。

笑顔がはちきれんばかりだ。声がハツラツとしている。

 

坂本さんは、第二と第四の水曜日、

午後1時半から3時半までは、

きまって船橋市勤労市民センターの喫茶室にいる。

派手に募集もしないのに、三々五々、

話を聴いてもらいたい人がやってくる。

悩みを抱えた人が、少しでも心の負担が軽くなるよう、

全身を耳にして聴く。

 

  夫が、大腸がんになり入院したとき、

 見舞いに行っては口論していた。

 病にいらだつ夫、看護疲れを理解してもらえない妻、

 双方の気持ちのすれ違いが原因だった。

 これではいけないと、坂本さんは、

「傾聴ボランティア」の講座を受講した。

 傾聴とは、自分を信じた上で相手を信じることが大切だと教わった。自分がいちばん出来ていないことだった。

自分がどれだけ傾聴が出来るのか試してみようと始めたのが「はなしききや」のカフェだった。もう30回続けてきた。

 

大きな吐息が出る辛さも、気が晴れない悩みも、聴きとる。

その人のかかえる現実を受け止めるだけ受け止める。

そのとき自分の感情は控えるようにしている。

いちばん大切にしていることは、相手のことばに込められた 

「感情の音」を聴き分けることだ。

同じ「大変なんです」ということばでも、

微妙なニュアンスを聴き逃さないようにしている。

語尾が上がるか下がるか、

語調が高いか低いかで心理状態が違うはずだ。

その「感情の音」に合わせて

リアクションすることを心がけている。

 

元気そうに見える坂本さんだが、実は膝の痛みを抱えている。 

だが、「痛い」とは言わない。

「痛い痛い」という時間が無駄だと思うから。

ある日、「痛い」を自分の意識から外すようにしたら、

痛みが和らいだ。

坂本さんの聴くという行為も、

相手の「痛み」を和らげることだ。

人間が持ち合わせている

「否定的な感情」を「肯定的な感情」に変えていくことだ。

ただし、そのように誘導することではない。

みな自分で解決策は持っているはずだ。

それに気づくまで、ひたすら聴くのだ。

 

この日は、ボクがひたすら「はなしききや」。

坂本さんは「しゃべりや」だった。

 

              (坂本純子さん)

(左から85歳90歳110歳の心境)