赤ちゃんは知っている! | 村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

村上信夫のトークライブ(11月30日)。

産婦人科医で胎内記憶の第一人者、池川明さんをお迎えした。

池川さんは、胎内記憶を持つ子どもたちの声をたくさん収集し、映画『かみさまとのやくそく』の制作にも関わっている。胎内

記憶のある子どもたちは、みんな「お母さんを選んで産まれてきた」と言う。
なんのために生まれてきたかと問うと、「お母さんや周りの人を幸せにするため」と答える。最近では「幸せでい続けるため」と言う子が増えているそうだ。

 

この世は、アミューズメントパーク。だから流産や死産も悲しくとらえなくていい。この世に遊びに来て、一つのアトラクションで十分楽しんで帰って行く子もいるそうだ。流産も出産の一つと考える人が増えてきている。

子宮内に小型マイクを入れて収録した音も聞いた。胎内で、お父さんやお母さんの声、音楽などもはっきり聞こえている。赤ちゃんはそれにちゃんとお腹の中で反応している。自分を否定するようなことや、夫婦喧嘩ばかりだと、生まれてからも影響する。
赤ちゃんは、胎内にいるうちから、みんな知っているのだ。

三つ子のたましい百までと言うが、胎内にいるときから数えて三年の接し方が、その子の人格形成に大きな影響を与える。だから、「数え年」は、理に叶ってるのだ。

 

会場の中には、ご自身を含め、身の回りに胎内記憶を持っている人がいるという方が多く、いろんなエピソードが飛び出し、不思議な空間となった。生まれてきた意味、生きていく意味について、穏やかな空気の中で考えるひとときとなった。かみさまとの約束を果たさなきゃ。

(中央は、ピアニストの松浦美佳さん。

人の身体から音が聞こえるという不思議ちゃん。

池川さんやムラカミのテーマも即興演奏してくれた)

(チーム柴原)

(チーム江守)

村上信夫さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス