村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

大妻女子大学で種まきしてきた(11月30日)。

ここの短期大学部家政学科で、

旧知の上田晶美さんが講師をしている。

上田さんは、キャリアコンサルタントとしての経験を活かして、

「コミュニケーション論」の授業を担当している。

その一コマに、ゲスト講師として招かれたのだ。

 

上田さんには、ラジオビタミンにレギュラー出演していただいていた。

そのご縁で、今回もご依頼を受けた。

上田さんには、かつて、そのご著書『働くための「話す・聞く」』で

インタビューを受け、

アナウンサーとして考えるコミュニケーションの話をし、

その内容が、本の中に紹介されている。

学生たちは、その記事を熟読し、事前リポートを書いてくれた。

そのすべてを熟読したが、
しっかりとコミュニケーションを見据えてくれていると嬉しくなった。
その中からいくつか紹介。
「相手に対する一生懸命な心こそが、コミュニケーション」
「自分の姿勢しだいで、コミュニケーションの形は無限大」
「会話の途中で生まれる間は、気まずいだけと思っていたが、
意味があることがわかった。
親しい人との会話の中で生まれる間と同じような安心感を、
初対面の人との会話の間で見つけるのは難しいかもしれないが、
間を恐れることなくコミュニケーション取れたら嬉しい」
「聞き方も十人十色でいい。自分らしい相槌や間を探してみたい」
「相手を肯定することが大切」
「相手の変化に気づいたら褒めることがコミュニケーションの第一歩」
「自分が言われて嬉しかったことばを、人にも使っていきたい」
「誰かと話したくなった。知らない人とも話してみたいと思った」
いいぞ。いいぞ。
 
ボクの講義中は、いささかおとなしかったが、
想いのバトンは、彼女たちの心にしっかりと渡ったと信じている。
講義でのボクからの質問に、答えが見つからなかった場合もあれば、正反対の答えが出た場合もある。
回答うんぬんより、あまりにも身近で、あたりまえすぎる
「ことば」について、真摯に想いを巡らせてほしいのだ。
ふだん、「有難う」「いただきます」「おかげさま」の意味をわざわざ考えたことないだろうから・・・。簡単に納得したり妥協したりせずに、自分の考えを持ってほしいのだ。
正解も不正解もない。別解を編み出してほしいのだ。
 

(中央が上田晶美さん、

 右は企業研修講師の嶋尾かの子さん)

※大妻女子大学の創設者は、大妻コタカという。

 明治17(1884)年に広島県世羅郡三川村(現世羅町)に生まれた。

 農業と両立させながら勉学に取り組み、高等小学校へと進学。

 17歳で母校の代用教員となった。

 向学の志やみ難く、明治35(1902)年に上京したコタカは、

 和洋裁縫女学校に通いながら勉学を続け、

 明治40(1907)年に鎌倉尋常高等小学校の教師となった。

 結婚後も教育に対する情熱は冷めることなく、

 コタカは明治41(1908)年、24歳で私塾を開設。

 その塾が、現在の大妻女子大学に繋がる。

 以来、昭和45(1970)年に85歳で亡くなるまで、

 その生涯を女子教育に捧げた。

 

この本のP114~121に村上の記事がある。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。