村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

修善寺にある競輪学校での特別授業も3回目。

ここで学ぶ期間は1年間なので、毎回、聴講する顔ぶれは変わる。

今回は、男子69人、女子21人の合計90人を前に授業をした。

姿勢も崩さず、真剣に耳を傾けてくれた。

携帯も使えない、男女の私語も出来ない、外出も自由ではない。

そんな「ないないづくし」の中で、厳しく激しい特訓が続く。

おのずと、笑うことも少なくなる。

ボクの授業は、年に1回、「笑い」を思い出す機会とも言える。

 

今回も事前アンケートを全員が記入してくれていた。

それをもとに進めていく。

「自分の好きなところ10個」あげてもらった内容を紹介していくと、

会場は爆笑の渦。

個性的な回答が多い。

「イケメン」「ハンサム」「かっこいい」「骨格がいい」「お尻がセクシー」

「クリクリなお目目」「肌がキレイ」・・・

自画自賛、自信過剰といえばそれまでだが、自分大好きはいいこと。

「便通がいい」というのも笑いの対象になったが、

生きていく上で大切なことに気づいたと褒めた。

「八方美人」を美質にした人がいた。

分け隔てなく付き合えることだとポジティブにとらえている。

「伸びしろがある」「精神力が半端なくある」「未来を変えられると思う」

「変な自信がある」「自転車の天才的才能がある」・・・

さすが未来の競輪選手、自信に根拠なんていらない。

「日本人であること」「男であること」「自分の出身地」を挙げた人が多かったのは嬉しかった。

 

言って嬉しいことば、言われて嬉しいことばの項目では、

「有難う」が圧倒的に多かった。

女子は21人中16人。

男子は、69人中30人。

言って嬉しいのは「切磋琢磨しようぜ」「お前ら最高」「めちゃすげー」

・・・みんなが爆笑したのは、その人の口癖に納得したからだろう。

言われて嬉しいのは「御見それしました」「ひとりじゃないよ」「君なら出来るよ」・・・激励のことばは心に響く。

「俺っておばあちゃん子なんだ」を言うのが嬉しいという人がいた。

おばあちゃん子と思われるのが恥ずかしくなる年頃なのに、

堂々と言えるのがいい。

 

「伝える」と「伝わる」の違いについても考えてもらった。

相手に言っただけが「伝える」で、

相手に理解してもらったが「伝わる」。

この趣旨の回答が多かった。よくわかっている。

 

彼らとやりとりしながらの楽しい1時間半は、

あっと言う間に過ぎ去った。

最後に、今回も、滝澤正光校長の「いいところ」探しをしてもらった。

「指導が熱い」「存在で空気が変わる」「目的を伝えるのがロジック」

「心を見透かされる」「勇気がある」「愛のムチを感じる」・・・

続々出てきた。

厳しい指導で定評のある滝澤校長の目尻も下がり放しだった。

 

前夜、宴席を設けていただいたが、

その時も、いちばん熱く語っていたのが滝澤校長。

「ことばの魔術師」のように語る滝澤語録は、

思わずメモをとりたくなる。

「誰にでも出来ることを誰にも出来ないくらいやる」

「平凡を非凡にしよう」

「大きな努力で小さな成果」

そして、滝澤校長が繰り返し言っていたのは、「感性を磨け」。

体力筋力も大事だが、最後に物を言うのは感性。

そういう意味では、今年度の生徒は感度抜群と見た。

 

(学校内のイチョウも色づく)

(気分上々の滝澤正光校長と)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。