村上信夫 オフィシャルブログ ことばの種まき

元NHKエグゼクティブアナウンサー、村上信夫のオフィシャルブログです。


テーマ:

関西の文化発信拠点として存在感を示すピッコロシアター。

正式名称は、兵庫県立尼崎青少年創造劇場で

1978年にオープンした。

劇場には、大ホール(定員400名収容)、中ホール(定員200名)、

小ホール(定員100名)の3つのホール、そして練習室、展示室、

演劇に関する書籍を豊富に所蔵する資料室がある。

また、劇場主催によって、身近に親しめる演劇の上演、

文化セミナー・実技教室など、多彩なプログラムが開催されている。

 

若者たちの創造活動を高める施設としても、注目を集めてきた。
将来の地域文化活動のリーダーを育てることを目的とした「ピッコロ演劇学校」、舞台芸術を支える舞台美術・照明・音響を学べる「ピッコロ舞台技術学校」の運営には、特に情熱が注がれている。 

全国初の県立劇団『兵庫県立ピッコロ劇団』は、

ピッコロシアターが長年培ってきた人材育成事業の集大成として、

1994年に設立された。

現代演劇の代表的な劇作家による公演活動をはじめ、

学校や地域での演劇指導や普及活動にも積極的に取り組んでいる。

 

ピッコロシアター文化セミナーは、第一線で活躍する著名な舞台人、

作家、評論家などの話を聞き、舞台芸術への関心を高めてもらう教養講座で、シアター開館当初から続いている。

第一回は、杉村春子さん。以来、北村和夫さん、水上勉さん、太地喜和子さん、片岡仁左衛門さん、江守徹さん、岸田今日子さん、滝沢修さん、平田オリザさん・・・錚々たる面々が登場している。

ほとんどの回で、聞き手がいて対談形式になっている。

きょうのセミナーで92回目。

ゲストは、華のある浪曲師・春野恵子さん。

春野さんから、直々に聞き手のご指名を受けた。

10年来の知己で、彼女の成長ぶりも目の当たりにしてきたので、

ご指名は嬉しい。

浪曲師になるまでの経緯、浪曲のイロハなどを聞き出した。

浪曲の敷居が低くなり、

浪曲公演に足を運ぶ人が増えるきっかけになれば嬉しい。

 

     (右手は、曲師の一風亭初月さん)

image
 
image
(ピッコロシアターで開催されてきた舞台写真)
image
(杉村春子さんの色紙)
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

村上信夫さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。