変わらないこと、留まろうとする力とは? | 人生、快適計画!

人生、快適計画!

人生を快適にするための方法や考え方、実践方法を書いていきます。主に、チャレンジ、世界観、身体、メンタル、スキル、ダウンサイジング、恋愛、人間関係、経済、趣味etcです。しっかり休んでパワーを引き出し、毎日を過ごします。一部はLINE@も連携しています。


テーマ:

いながき@ありがとうです。

 

変わらないことにも意図があるので、それを先に見つけると話が早いです。そもそも変わらなくても、OKなので、無理にやらなくてもいいです。ただ、苦しいなら変わった方がいいですねって思うけど。決めるのは自分です。変えたいけど変わらない人は、変わりたくない部分が大きいだけです。

 

そこの向き合う気があれば、自ずと方法論は見つかります。時間はたくさんあったはず。変わらないものを選ぶにも意図があります。無意識があるかどうかは分かりませんが、意識できないところで自動選択です。自作自演ですから。

 

そうすると、変わる方法を無理に探すよりも、変わりたくない意図が見つかった方が作戦は立てやすくなります。変わらない方が優先の時は本当に変なところに出入りします。自分を定めないのも、変わらないための作戦です。この時期は、留まろうとしていろいろなものの理解力が落ちていて、誰かなんとかして下さいっていうことになりますが、本人の問題なので自分が理解して行くことが必要です。

 

なんとかしてもらうと、あとで、あれはちょっと違ったって言い始まりますからね。

 

人をゆで卵に例えたことがあります、人の本質(黄身の部分)はOKです。外側(白身)にある価値観や経験が邪魔しています。それを精査して必要なものとそうでないものをより分けて不必要なものは終わりにするといいですね。一緒くたに考えると、自分を否定しないといけなくなります。他人に対しても同じように見ていくことで、その人にOKを出せるようになっていきます。OKを出せない人は、人からもOKを出してもらえないですから、キツいですね。

世界は、相互作用でできています。

 

 

フォローしてね!

いながき@ありがとうさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント