モチベーションが上がらないとき、どうすればよいか? | 人生、快適計画!

人生、快適計画!

人生を快適にするための方法や考え方、実践方法を書いていきます。主に、チャレンジ、世界観、身体、メンタル、スキル、ダウンサイジング、恋愛、人間関係、経済、趣味etcです。しっかり休んでパワーを引き出し、毎日を過ごします。一部はLINE@も連携しています。


テーマ:

いながき@ありがとうです。

 

人によってポジティブなアプローチが効く方と、ネガティブなアプローチが効く方がいます。この辺はNLPでいうところのメタプログラムですね。自分の特性がわかっている方は、どうやって追い込むと動き出すかがわかっていますよね。NLPのマスターでメタプログラムはやりますが、それを知っていると子供を動かしたり、誰かを動かすのは楽になります。すいません、いつも使ってます(笑)

 

さて、そういったメタプログラムでないとしても、モチベーションを上げる方法はあります。簡単なのは自分の過去で、うまく行っていたときを思い出して同じことをします。これなら忘れていない限り大抵の方はできるでしょう。そのときに、どういう順番で些細なことを積み重ねたかをやっていきます。

 

私だと、朝起きてから、顔洗って、歯を磨いて、体重測って、血糖値を測り、血圧を測り、薬を飲んで、誰を愛しているかを確認して、スケジュールを確認して・・・なんて、いつものルートがあります。これをやると一定の精神状態になります。ルーティンって呼ばれるものですが、意外と効果的だし、毎日重ねることで決まったリズムができあがります。次に何をやるかなんて考えていません。ただ、一定の動きを重ねていきます。

 

動きという刺激の後に、気持ちが自動的に生まれます。自動的な部分は、何度も言っている、経験、知識、概念から作られていきます。だから、必要なことに絞ってルーティン化するとブレがなくなります。

 

一日のやることが多すぎて(実は遊んでいるだけ)、寝る時間を削って、朝寝坊になって、時間に追われてその日の最低限をこなしていると、ルーティンは動作しません。なんだか、身体は思いし、思考は定まらない、やるべきことは終わってなくて自分を責める。これではいい一日ににはなりません。

 

私でも、ルーティンを細かく覚えておくことはできません。最低でも1日、55のタスクが並んでいますので、ここでタスク管理です。かかった時間とログを残すことで次の一手が見えてきます。データに基づいた行動です。ここでも気持ちの入るスキはありません。

 

気持ちに振り回されないなら落ち込みなんかないですね。できるか、できないか。できないには理由があるので、もうそれはやめるか、リ・スケジュールするか。

 

モチベーションが精神力の読み替えでやっている場合、ルーティンになっていません。ルーチンにしたほうが楽です。もちろん、気の進まないことはあるけど、何らかの理由でそれをするように選んだのは自分です。変に自分を追い込むと修正不能になるので気をつけましょう。

 

不安になるのも現実ではないものに振り回されています。現実ならば、解決、保留、撤退のどれかです。こうやってシンプルにしていくと、無駄を排除できて必要なことや興味のあることにフォーカスできます。

 

そのために、健康法があって、エモフリがあって、思考法があって、行動法があります。うまくいかないときは、何かでおかしなことをしているときですよ。

いながき@ありがとうさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント