最近ますます増えてきました、1泊2食飲み放題とバイキングで8574円のお宿。

決して悪いわけではないのですが、

団体旅行では10.11月の旅行トップシーズンに止まるべきお宿ではないと、改めて本日実感。

到着時からの宿の雰囲気が私達の通常お連れする15000程度のお宿とは別格に全ての活気が違います。


泊まられた方ならわかると思いますが、

まず、宿泊されるお客様の活気

次に、従業員の活気

最後に、食事時の活気

が全く違いますよね。

時代遅れな私の独断と偏見かもしれませんが、

やはり折角時間を割いてみんなで旅行に行くのだからこの時ぐらいはほんの少しは奮発しても良いのでは?

と思います。

お宿に着いた瞬間から、女将さんや中居さんのお出迎えの時の活気というか雰囲気にはじまり、

お部屋のご案内から館内説明の時の早く宴会やりたい!というあのなんかよくわからない期待感、

宴会場で上司や同僚、身近な仲間の違った一面が見れる挨拶やカラオケの時の非日常感。


それらがないグループ旅行なんて、麺のないラーメンの様なもので、本来の目的というか良さがほぼ消化できないのでは?と思ってしまいます。


今日泊まっていたホテルは、

バスが着いても従業員は誰も来ない、

他のお客様がなんか元気がないので、宿が暗い感じがする、

いくら飲み放題でも、個室でないので当然騒いで飲む感じではない・

といった感じでなんかウキウキ感が皆無だし、

他のお客様も含む、朝の出発される時のお顔を見ていてもなんか満足感にかけてる様に見えまして、

久々に書いてみました。

これなら近所で宴会だけやる方がまだましか・

AD