初節句。。?

2m10d、娘さん初節句。
美しいお顔のお雛様です。


家族写真と。
洋服は前日H&Mで調達。
あまりにピッタリすぎて、2週間後のお宮参りの撮影では着れなさそう笑い泣き


実妹が作ってくれた名入りの櫛と。
ハートの所に名前が入ってますの。


特にひな祭りらしい事もせず、撮影だけして終了。笑


いや、蛤とか用意してたのだけどね。
このところ何気に忙しく、ひな祭りに注ぐ余力が無かった。。


翌日は雨だったので、快晴の今日、無事に仕舞われました。
そうゆうのは早い。笑


来年はちゃんとやろうね。。

生後2ヶ月。

2ヶ月を迎えました♡




先週、大阪市の保健師訪問での測定では。


体重:5,000g
身長:58センチ


体重は成長曲線ど真ん中、身長は高めでした。




かなりプクプクになってきまして。
おっさんw




お風呂に迎えに行くと、この姿。。




母ちゃん爆笑。




ベロベし始めたり。




見えてきたっぽいのでプレイジムを投入。




IKEAで2,999円のこれ。
マット付きはデカイので、コンパクトなの探してたら、IKEAのがヒット。
小型配送でいけました♡





長い時は1時間ぐらい1人で遊んでます。
左手を見つけたようで、よく触ってる。




昼間は起きてる時間も増えたけど、相変わらずよく寝る。
昨夜は記録更新、8時間ぶっ続けで寝ました。
スーパームーン効果かしら?
嬉しい反面、おっぱいダダ漏れw




もう5キロ。
まだ5キロ。




抱っこ紐で動くと既に身体が痛い。。
今回も10キロまで抱っこ紐いけるか不安だわ。




ようやく内祝いの手配も終わり、来月は家族4人での初旅行、遅ればせながらお宮参り、3歳の卒園にまつわるアレコレがあり。
また連れ回されそうです。

3歳6ヶ月、チョコレートデビュー

チビ息子3歳6ヶ月。
まだチョコレート食べてません。




理由は刺激が強いことと、依存性があるので、まだ覚えさせたくない。
虫歯になるのも嫌だし、市販のチョコはだいたい小麦入ってるしで、アレルギーっ子にはちょっと。。
病み上がりに焼肉食わせた奴が言うなよ。笑




しかし最近知り合った転勤族のママさん。




以前いた東京で、卵小麦乳製品不使用のお菓子教室をされてたそうで。
ローチョコの作り方を教えてもらうことに。




材料はこれだけ。
1人でも作れるように材料買ってきてくれました♡




中に入れるナッツを細かくして。
母ちゃんはまな板押さえておる。




材料混ぜて、型に入れるだけ。
クッキング大好きな料理男子。




上にナッツや、くこの実をのせて冷やす。
いっぱい垂れてるのは、3歳の頑張りの成果である。




偶然にも3歳と同級生の息子さんがいて。
怪獣2人で遊ぶ。
おもちゃの取り合いしつつも、なんだかんだと遊んでました。




\ 完成しました /
自由に食べるひとたち。




チョコのひげじいさん2人。
お口拭きたいのか、ティッシュで遊びたいのか…




お土産に米粉のバナナパウンドケーキも作ってきてくれて。




美味しゅうございました♡




3歳の初チョコ、美味しかったようですけども。
この後の発熱で、チョコの記憶は飛んだようです。笑




また色々教えてもらおーっと。

同時に倒れるひとたち。

先週火曜日から、地味に下痢をしていた3歳。
元気だし食欲あるし、便がいつもより柔らかい程度で、熱もないし特に気にしてなかったのだけど。




木曜の夕方から微熱が。
時を同じくして旦那氏から、熱があるっぽいと連絡が。。




かなりしんどかったらしく、珍しく仕事を早く切り上げて帰宅した父ちゃん。
測ってみるとチビ息子37.5度、旦那氏39度。
お熱上がり中のため、震えながら毛布をかぶるひとたち。
なぜ君たちはいつも同時に倒れるのだね?笑




2人とも診断が必要な為、翌金曜は病院へ。
父ちゃんは高熱の為、受付の段階から隔離された。笑




結果、旦那氏は扁桃腺が腫れての発熱。
チビ息子は胃腸炎。




てことで軟禁生活が始まりまして。。
インフルでなかったのがせめての救い…?




チビ息子の下痢は金曜から本格化。
何度も何度もトイレに行き、お腹の痛みもあるから可愛そう。
いつも鼻からの風邪なので、お腹からは初めて。




脱水が怖いから経口補水液作るものの、不味いと言って飲まないし、りんごジュースを投入。
これなら2人ともガブガブ飲む。




そして病人2名が進まぬ食事を取って迎えた夜。
父ちゃんは先に別室で寝込んでいたので、母ちゃん、息子、娘の3人で寝室へ。 


 
いつも20時すぎに寝室へ行き、息子と図鑑を見ながら娘に授乳、そのまま寝るという流れ。




まもなく2ヶ月のひとは通常通り眠り、3歳はレメディがヒットしたらしく、図鑑を一通り見た後、すぐ眠る。




入眠から2時間ほど経過した頃、息子の叫び声で目が覚める。
汗をびっしょりかいて、泣いていた。




一旦熱が下がったものの、お腹が痛いので一緒にトイレ行って、レメディとって、また寝る。




1時間後、今度は右側からふにゃふにゃ言うひとが。。
娘の授乳タイム開始。




終わって寝て、また1時間経ったかどうかぐらいで、左側で息子のうなり声。
お腹の痛みで寝れないよう。




15キロを抱っこして階段を降り、トイレへ。
オムツは寝てる時だけ(昼間はパンツ)とはいえ、下痢でしんどい中、トイレに行きたがるアンタは偉いよ。
トイレに行くのが寒いし面倒な母ちゃんは、「オムツでしてもいいよ」と言っても、トイレに行くと仰せになるのでしたw




でまた寝たと思ったら。。
右側の赤子、起きる。笑
ね、ねむい笑い泣き




そんなこんなで寝たのかどうか、、、
意識朦朧としながら土曜の朝6時すぎ。




しんどいくせに3歳はいつも通り起床。
間もなく2ヶ月もおめめがパッチリ。。
君たちはどんな状況でも朝はちゃんと起きるのだね。




さすがに食欲はなく、朝はりんごジュースだけ。
お昼もお気に入りのスープとご飯をリゾット風にして少し食べ。




回復してきた父ちゃんがチャプチェを食べたいと言うので、母ちゃんと2人で食べてたら、お肉をどけて、春雨を奪い、ご飯と味噌汁を爆食。




あれ?治ってきたのかな?と思いきや。
お腹はまだゆるゆる。




そして夜は更に高熱が出て、うなされ。。
トイレも4回ほど。
回復してないなら消化にいいもの食べてくれますかね…?笑




さすがに寝不足の母ちゃん、ヘロヘロ。
授乳中のトイレの呼び出しにイライラ。
なんでおっぱい始まるとトイレいくんだよ真顔




しかし父ちゃんが予想外に早く回復したので、日曜のトイレは半分以上、父ちゃんが付き添ってくれる。




午前中はずーっとゴロゴロしてて、まだ回復までは遠そうだと思いきや。
いつも何かしら遊んでるので、ゴロゴロしてるなんて初めて見た。




3時過ぎに突然、

やきにくいく!

なぞ仰せに滝汗




いやいやいやいや
まだお腹ピーピーでしょうよ
昨夜もチャプチェ食べて夜中に熱せん妄だったでしょうよ
んで朝も昼もほとんど食べてないやんか


と母ちゃんは言いましたけども。




そっからおにぎり爆食。
いつも通りに車で遊び始め、よく喋る。
何のスイッチ入りましたん?笑




病み上がりの父ちゃんも便乗して?

オレも焼肉食いたい

とか言い出した。




なんなの、アンタたち。笑




看病ストレスMAXだった母ちゃん、今夜どうなってもええわと覚悟し、焼肉行くことにする。
いくんかい!笑笑




さすがにいつもより少なめだったけど、チビ息子も旦那氏も、あんたらホンマに昨日まで熱あったんかいな?と思わせる食べっぷり。
その後帰宅し、お風呂に入って、就寝。




3歳のひと。
下痢止まり、朝までぐっすり。




母ちゃんは気になって何度か目覚めたけど、お熱出ることもなく、ぐっすり。笑




体力がまだ回復してないので、月曜は保育園休んだものの、一日中食べまくり、元気に遊んで、火曜の今日、元気に登園しました。




以前のわたくしめなら、正しさ振りかざして焼肉なんて絶対ありえんゲローと言い張ったでしょうがね。




2人目産んで、産後うつ経験して、自分のできることの限界を知り、これが正しい!正義!みたいな考えはとっくにどっかにいってしまいました。




で、当人たちの言う通りにしてみたら、奇跡の復活。




世の中、何が正しくて、何が正解なんて、本当はないのかもしれません。爆
ま、我が家の例なのでマネはしないでくださいw
しないだろうけど。笑

お雛様と嬉しい報告

2月9日の大安。
娘のお雛様が届きました。
箱を開けたのは今日ですけどもw
確か3歳の兜が届いたのも大安、良き日を選んで送ってくださるのですね。




ほこりや飾り終えた後の収納、3歳怪獣のことを考えると、ケース飾りや
アクリルケースに入ったやつ。




収納飾りがいいかと思ったのですがね。。
下が箱になってて、まるっと収納して保管できるの。
両方画像は公式サイトよりお借りしました。





刺繍が入った屏風がどうにも母ちゃんの好みではなく。。
親王が引き立つ金屏風が良かったので。
もう1回登場w
脇に飾るはずの桜は、花びらが数個外れてて交換の為、ちょいと寂しい印象ですけども。。


トイザらスや百貨店など色々見て、お顔と雰囲気でこちらに決定。
娘が大きくなってからどう思うかはさて置き、完全に母ちゃんの好みです(笑)




設置は出窓にしようと思ってたのだけど、年間で1番寒いこの時期、結露がすごくてカビが怖いので、トロファストの上に飾りました。
お子たちの洋服やら詰め込んだトロファスト。
エアコンの下だし、生活感たっぷり。笑


我が家のリビングにお雛様を置く日が来るなんて。。
女の子が生まれたのだね。




そんな今日。
退職した会社の妊活友だちから、妊娠報告。


いやー良かった!照れ

1m2d 1ヶ月検診と提携病院の卒業

生後33日、1ヵ月検診でした。


身長:50cm → 54.7cm

体重:2,708g → 4,130g



ずっしりしてきたなぁとは思っていたけど、出生から1.5倍の4キロ超とは。。

チビ息子の時にも感じたけど、液体だけでこんなに大きくなるのが不思議である。笑



母ちゃんの子宮の戻りや傷なども問題なく。

メンタルも回復してきたので、産後うつ診断から毎週通った提携病院は卒業となりました。





退院日に挨拶が出来ずに心残りだった、娘を取り上げてくださった助産師さんにもお会いできて。

やっとお礼が言えました。

偶然にも出産予定だった助産院の方の後輩で。

ご縁を感じる出会いでした。


誘発分娩の日、朝からついてくださったこの方。
明るくサッパリしていて、色んなお話しながら、お産の不安を吹き飛ばしてくれたり。


お産後も入院中も沢山話して、リラックスして過ごすことができました。
本当〜にありがとうございます( ;  ; )


そして助産院からの搬送だったにも関わらず、沢山親切にしてくださった周産期病棟の方々。
無事産ませて頂いて、感謝しております( ;  ; )


卒業は少し寂しいけれど、次のステップですわね。


毎週病院に付き合ってくれた旦那氏も、本当にありがとう( ;  ; )
今回の出産で、旦那氏は自分にとって本当に大切な人であると更に実感しました。


産後うつについての考察は、また書けたら書きます。

新生児終了と産後うつその後

ほっぺにお肉がついてきたこのひと。
本日生後28日、新生児期が終了します。

まだ28日⁉︎


というのが本音。笑
生まれてから色々ありすぎて、まだ1ヶ月も経ってないことに驚く。。
あまりの時間経過の遅さに絶望もしつつ。。


娘が退院後の数日は、一緒に寝て過ごしましたけど、その後、娘はお熱で別の病院に入院。
退院後は手伝いに来てくれてた実母が帰ったので、そのまま家事復帰し、産褥期は実質3日でした。
娘の退院後はメンタルぼろぼろだった為、ある意味家事をして気を紛らせて良かったのかも。


で2週間検診でめでたく産後うつの診断を受け。
今週は経過観察の為、またもや病院へ。
助産院で出産予定だったので、まさか提携病院にこんなにお世話になるとは。。


主治医、臨床心理士と話し、前週よりは回復してそうなので、次回1ヶ月検診でまた様子みましょうとの事でした。


自分でも回復している感はあり。
時折不安になるものの、窓を開けて深呼吸したり、気分転換できるようになってきました。


そして友だちにも連絡できるぐらいになり。
年賀状もらった人とかにラインしてみたり。
本当にしんどい時は、人に連絡も取れないものなのだと実感しました。


お熱入院はあったものの、日中はほとんど寝てて、おっぱい以外はあまり起きない、びっくりするほど手のかからない娘さん。
母ちゃん暇!


時間の使い方が分からないのですよ。
映画見たり、本読んだりしようと思って購入してるのだけど、なんだかソワソワしてて、それも出来ず。


贅沢な悩みだと分かっておりますけども。
赤ちゃんとの過ごし方がまだよく分からない笑い泣き


間も無く1ヶ月。
ぼちぼちスーパーなど一緒に行ってみましょうかね。

0m19d 2週間検診にて産後うつ認定

生後19日の昨日。
母ちゃんの2週間検診でした。
見つめ合い♡


受付後、尿検査、体重・血圧測定など済ませて待合室にいるとアンケート的なものを渡され。
見た瞬間、産後うつになってないかの質問だと分かる内容でした。




実は新生児の娘の退院翌日から、とてつもない不安や恐怖に襲われるようになり。
毎日毎日泣いてる母ちゃん。
退院翌日は過呼吸っぽくなり、パニックでした( ;  ; )




入院前日から当日にかけて異様なほど眠ってたので、朝から寝てばかりいると、

また熱が出たらどうしよう
死なせてしまうかもしれない

という不安が押し寄せ、熱ばっかり測ってみたり。




朝起きてから、旦那氏やチビ息子が出発する前、

今日1日をどう過ごしたらいいのか
1人の時に何か起こったらどうしよう

と恐怖でいっぱいになり。
新生児を外に出す訳にもいかず、好きな時に外に出られないのも本当にストレス。



手伝いに来てくれていた実母は、娘の退院前から体調を崩し、洗濯などはしてくれながらも寝込む日々。
あまりに辛そうなので帰ってもらい。
ボロボロすぎて、見てるのも辛い状況でした。


1人で全てやらなきゃいけなくなり、もう怖くて怖くて、本当泣いてばっかり。




そんな中での産後うつのアンケート。
最近いつも通り笑えたか、不安や恐怖を感じることがあるかなど、記入しながらも勝手に涙が出てくる。


記載後、助産師さんに相談室的なところに案内され、内容について聞かれる。
待合室にいる時からしんどそうだったと言われたw


不安や恐怖を感じるきっかけになった入院のことや、旦那さんは理解があるか、周りで助けてくれる人がいるか。


ある程度話したところで、主治医の先生に呼ばれ、また涙ながらに同じような話をすると、周産期・小児科専門の臨床心理士と話をしてみませんかと提案されました。


実母が帰り、新生児を預けるわけにもいかず、娘連れで旦那氏の車で来院していたので(旦那氏は車で娘と待機)、時間がそんなにないから…と一度断ったのだけど、このまま帰せないからと押され、お会いすることに。


旦那氏にその旨電話すると、娘はずっと眠ってるし、時間は大丈夫だから話してきてと言ってくれ。


人生で初めて臨床心理士とお話しました。
もうね、雰囲気や口調が本当優しくて、話す前から泣けてくる。


話しながら、人に頼れないとか、旦那氏に迷惑かけたくないとか、弱い自分が認められないとか色々出てきて。
頑張ってるんだねって言われるだけで、また大泣き。


1人目は多少無理してでもなんとかなったけど、2人目は物理的にできない事も多く(保育園の送迎とか)、他力を使わなきゃ無理。
いい加減、ひとに頼らなきゃな状況。。


義両親は徒歩1分の距離に住んでるにも関わらず、わたしが頼りたくないが為に距離を取ってましたけども、さすがに観念しました。
チビ息子も色々お世話になってるけど、本当に無理な時だけお願いしてました。


昨日から保育園のお迎え時間に自宅で娘を見てもらい、わたしは買い物と息子のピックアップ。
これで1日1回は外にも出られるし、娘も頼めるしで、気分転換もできそうです。




診察後は、旦那氏に迷惑かけてごめんとまた大泣きで話して。
迷惑なんて思ってないし、ゆっくり回復したらいいからと言ってもらえて。
焦らずやっていこうと思います。




ちなみに病院であなた産後うつですねなんて直接言われたわけではないけど、さすがに自分でも分かるぐらいの変化ですw

退院と、そろそろ通常モードに。

\ 退院しました /

昨日、4泊5日の入院生活が終わりました。


入院生活でのモニター音やら、周り赤ちゃんの泣き声などで鍛えられたのか?
自宅でチビ息子がガチャガチャしてても眠っております。


父ちゃんは今日からお仕事。
母ちゃんの退院日から始まったチビ息子の冬休みは、やーーーっと明日で終わり。
産休中は、保育園の冬休みが長いのね。。
新しいひとが増えて赤ちゃん返り中の3歳は、かなり野獣化しておりましたw
いやー長かった。。キツかった。。


来週は娘の検査結果を聞きにいくのと、母ちゃんの2週間検診で外出予定もありつつ、新たな生活リズムを作っていかなきゃですわね。


娘はさすがにまだ外出できないので、嫌だけど義両親にもお願いしなくては…!
義両親、有り難いけど非常にめんどくさい。。