アッパレ!著名人の絶賛コメント | 映画『のぼうの城』 NEWSブログ

映画『のぼうの城』 NEWSブログ

20,000人VS500人!天下の豊臣軍にケンカを売ったでくのぼうがいた!
この男の奇策、とんでもないッ!

映画『のぼうの城』 http://nobou-movie.jp/
11月2日(金)全国超拡大ロードショー

本ブログでは、最新情報を随時更新していきます!


テーマ:


映画『のぼうの城』をご覧になった著名人の皆さんより
絶賛コメントをいただきました!



絵がでかい!
ロングショットがスケールでかくて気持ちいいっす。
水田の映り込みとかいちいち美しく、時代劇の古くささがないんすよ。
邦画だけど邦画っぽくない印象。
痛快軽妙な物語と、絵作りがガッチリかみ合っているんだなー。
2時間25分の尺を感じなかったです。

細田守さん (アニーメーション映画監督)



はじめに一冊の脚本があった。
この脚本を愛したフィルムメーカーたちが長い歳月を経て、
この壮大な映画に仕上げた。
今の映画界の保守本流に反逆するかのような
このフィルムメーカーたちこそ「のぼう様」である。
岩井俊二さん (映画監督)



野村萬斎さんの圧倒的怪演!
「水攻め」を乗り越えて復興する様を描いた映画であり、
困難のなかにあっても笑顔をわすれない人々の映画である。
乙一さん (小説家)



そのまま「ウン」と言えば丸く収まるのに、
ちゃぶ台をひっくり返してしまう「ダメ・リーダー」成田長親。
扮する萬斎はおどけた表情とは裏腹に民を守りたい一心だ。
水に浮かび、敵を挑発する彼のまなざしは狂気に充ちて鋭く、
土手を射ぬくほど強かった。
水攻めシーンも、見ごたえたっぷり。
ロバート キャンベルさん(東京大学大学院 教授)

(順不同)



映画『のぼうの城』さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス