韓国議会議長?誰それですしねえ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

2019/11/2 朝鮮日報

切羽詰まった韓国政府「対話しよう」…日本は素知らぬふりで声高に批判

 

 

 

 

 「令和時代に日本の国運が隆盛に向かい、国民の皆さんが一層幸福になるよう祈る

 李洛淵(イ・ナクヨン)首相は1日、東京都内の衆議院会館で行われた「韓日・日韓議員連盟合同総会」に送った祝辞で、「新天皇のご即位を重ねお祝い申し上げる」とした上で、このように述べた。

 李洛淵首相は別の予定があり総会に出席できなかったため、与党・共に民主党のユン・ホジュン議員が祝辞を代読した。李洛淵首相は祝辞の最後に「今日、私は皆さんと同じ場所にいられないのが大変残念だ。皆さんにお会いできる日を楽しみにしている」と述べた。文喜相(ムン・ヒサン)国会議長も総会に「2020年東京五輪開催成功」を祈る祝辞を送った。文喜相議長は3日の「20カ国・地域(G20)国会議長会議」に出席するため訪日し、日本の政界関係者と会う計画まで立てていた。同議長は今年初め、天皇(現上皇)を「戦争犯罪の主犯の息子」と呼び、「謝罪すべきだ」と批判されて騒動になっていたこれに対して日本の山東昭子参議院議長は文喜相議長に謝罪を要求、文議長が今回訪日しても会わないという考えを明らかにしていた。チョ国(チョ・グク)前法務部長官をはじめとする与党関係者たちは2-3カ月前まで相次いで「竹槍」「反日」を唱えて対日強硬ムードをリードしていた。そうした与党の中心人物たちの態度が、日本を前にたじろいでいるという印象を与えるほど一斉に変わったのだ。

 外交関係者の間からは、「韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定を覆すことができる期限まであと20日しか残っていないため、韓国政府と与党は焦りだしたようだ」という声が聞こえてくる。韓国政府としては、GSOMIA破棄を撤回するには日本が対韓輸出規制を緩めるべきだと考えているが、日本にそうした意思は全く見えないからだ。米国は韓米日共助の中心軸であるGSOMIAの破棄・撤回を韓国に公に要求しているが、その一方で日本の輸出規制についてはほとんど言及がない。GSOMIAは11月22日までという撤回可能期限があるが、日本の輸出規制には撤回期限がない。日本としては急ぐ必要はないが、韓国ばかりが足元に火がついている状況だ。外交関係者の間では「性急なGSOMIA破棄決定が結局、韓国政府に不利に働くことになった」という声もある。

 

以下略)

 

ノ・ソクチョ記者

 

1 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/02/2019110280015.html?ent_rank_news

 

2 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/02/2019110280015_2.html

 

 

引用ここまで

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 何度も書いてきましたが、韓国じゃ自己評価が異様に高くてねえ。自分が日本と同等の国だと思い込んでいるんですね。アメリカはもちろん東アジアの国でもそう考えているところなんかないでしょう。

 とにかく韓国の要求なんぞは、一万円と一万ウォンは等価だから交換しろ、と言ってるようなものですからねえ。

 

 日韓関係はアメリカを仲介とした間接的な同盟国のようなものですが、アメリカも韓国を見放しつつある現在、別に日本は韓国に配慮する必要なんかなくなっていますからねえ。一万円は一万円、一万ウォンは一万ウォンに過ぎないんです。

 

 ”性急なGSOMIA破棄決定が結局、韓国政府に不利に働くことになった”・・・こんな問題が政治取引に使えると考えている段階で、馬鹿だなあ・・・・としか言いようがありませんしねえ。

 アメリカだってちゃんと警告してたでしょ。とにかく日韓議員連盟所属の日本側議員だって関係修復には動かないでしょう。

 天皇侮辱発言をスルーしていたら次の選挙はアブナイですからね。まあ虎の尾を踏みたければいつでもどうぞ、という話でしかないんですが。