またノーベル賞か | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

2019/100/7 朝鮮日報

韓国研究財団、ノーベル賞に近い韓国人17人を発表したけれど…

 

 

 

 

 7日からスウェーデンで発表される予定のノーベル賞受賞者の選定を控え、韓国研究財団は6日、ノーベル賞に近い韓国人科学者17人を発表した。しかし、最近海外の学術情報分析業者が発表した「2019年ノーベル賞受賞候補者」19人に韓国人は1人も含まれていない。韓国科学界でも「今年の韓国人による受賞は難しいのではないか」との意見が大勢だ。

 

(中略)

 

 言い換えると、1990-2000年代の韓国の科学水準が評価対象となるが、残念なことに韓国が当時、基礎科学分野でよちよち歩きの水準だったことは厳然たる事実だ。ある大学教授は「当時は世界的な学術誌に論文が掲載されただけで、学界で話題になり、新聞記事になるほどだった」と話した。あるソウル大教授は「他者に追随する応用科学ばかり優遇し、基礎科学分野を冷遇する国内の風土からまず変えなければならない」と指摘した。

 

ユ・ジハン記者

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/07/2019100780055.html

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 ノーベル賞は韓国では秋の季語でしたね。

 

 今年も駄目だったか・・・・・・と続くのがアレなんですが、日本人が今年も受賞してしまいました。ノーベル化学賞なんですが、これで何人目になるのかな。覚えきれないもので。

 

 韓国人は、ウリナラは日本の兄の国、とか言いたがりますが、ノーベル賞一つとったって日本はアジアでは比肩する国がないんですよ。

 

 いい加減に韓国は後進国の一つに過ぎないことを自覚しましょうね。