内閣改造について朝鮮日報に教えて貰うとは | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

2019/9/11 朝鮮日報

日本きょう内閣改造…対韓強硬派が多数布陣、小泉氏も初入閣の見込み

 

 

 

 

 日本の安倍晋三首相は11日に行う内閣改造・自民党役員人事で、韓国に対する輸出規制を主導した側近を含む右翼性向の人物たちを多数起用すると予想される。このため、新しい安倍内閣は右翼性向をよりいっそう帯びるようになり、韓国大法院による徴用賠償判決以降悪化している韓日関係が回復するのはしばらくの間困難だとの見方が出ている。

 

(中略)

 再び総務相に任命されると伝えられている高市早苗元総務相は、日本による戦争や植民地支配を謝罪した村山談話(1995年)を否定したことがある。2013年に女性としては初めて自民党政務調査会長になったが、この時「私は『侵略』という言葉が入った村山談話が適切だとは考えていない」と発言した。入閣が予想される衛藤晟一総理補佐官は先月、韓国の国会議員たちに会った際、「かつて日本から韓国に売春観光で行った(人が多かった)が、私はあまり行かなかった」と話して物議を醸した。

 萩生田氏と共に輸出規制を考え、押し通した世耕弘成経済産業相は、要職である自民党参議院幹事長に内定した状態だ。。河野太郎外相は防衛相に横滑りする。河野氏の後任には茂木敏充経済再生担当相が確定した。小泉純一郎元首相の息子で次期首相候補に挙げられている小泉進次郎衆議院議員(38)は環境相に起用されると伝えられた

 

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員
 
 
引用ここまで
 
 
 緑色の文字列は関連記事へのリンクです
 
 
 何度も書いてきましたが、日韓関係というのは韓国側の過剰な関心、日本側の無関心で成立しているんですね。韓国の執拗な反日など韓国ウォッチャーでもなければ知りませんしね。マスコミも隠すし。
 
 「知れば知るほど嫌いになる国」というのはそこいらあたりの事情があるんでしょうね。
 
 日本側の無関心といえばねえ・・・・・・・一応は韓国を対象にしたブログを書いている私だって韓国首相の名前など知りません。歴代大統領のことはかなり詳しい方でしょうが。ほら、ユニークな方が多いから。
 
 それにしても”高市早苗元総務相”・・・私は辛うじて名前は知っておりますが顔は知りませんしねえ。知らない日本人の方が普通なんでしょう・・・・・・だと思います。
 
 まあシナ朝鮮では政治が最高の価値ですし、科挙の影響で政治家というのは同時に格の高い文人でもありました。政治家が尊敬される職業ではない日本とは政治家の影響力が違うんですね。
 
 そういえば安倍首相より在任日数が長い首相に桂太郎というのがいましたが、陸軍大将でありながら人を懐柔することに巧みで、常に笑顔を作り、肩をポンと叩くところからニコポンというあだ名を付けられていました。
 
 朝鮮日報には教えて貰うことが多々あるんですが、日本の内閣改造についてまで教えて貰えるとはねえ。まあ私は新聞などスポーツ欄しか読まないからなあ。