チョウセンヒトモドキねえ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。

2019/7/17 朝鮮日報

精神障害のある息子を「混血児」と偽りフィリピンに捨てた夫婦起訴

 

 

 

 

 

 幼い息子に精神障害があるという理由で、息子を「コピノ」(韓国人とフィリピン人の混血児)だと偽り、フィリピンの孤児院に送ったとして、釜山地検女性児童犯罪調査部は16日、児童遺棄・放任の罪で父親の医師(47)を起訴、母親(48)を在宅起訴した

 

(中略)

 父親はその後、インターネット検索でフィリピンの韓国人宣教師を探し当てた。14年11月ごろ、フィリピンの宣教師のもとに息子を連れて行った父親は「フィリピン人女性との間に生まれた『コピノ』だ。母親がいない子だ。引き取ってほしい」と持ちかけた。検察によると、父親は宣教師が後から連絡できないように、出国前に息子の名前を改名し、フィリピン到着後には旅券を取り上げたほか、息子を捨てて帰国後には携帯電話番号も変更したという。

 非情な両親の行為は宣教師が問題の男児を引き取って4年たった18年11月、青瓦台(韓国大統領府)の陳情・提案窓口に「フィリピンに捨てられた韓国の子ども」と題する文章を投稿したことで明るみに出た。それを見た在フィリピン韓国大使館が男児を探し、捜査機関に告発した。両親は検察の取り調べに対し、「息子は仏教が好きだったので、テンプルステイに送った。英語が上達するようにフィリピン留学に送った」などと主張しているという。検察によると、男児はフィリピンに滞在中、精神障害が悪化し、片方の目を失明した。男児は精神病院で治療を受けており、「家に戻れば父親にまた別の国へと捨てられる。父のもとには送り返さないでほしい」と家庭に戻ることを拒んでいるという

釜山=パク・チュヨン記者
 
 
引用ここまで
 
 
 緑色の文字列は関連記事へのリンクです
 
 
 
 韓国人は情に厚い・・・・・・などと主張する輩がいますが、そんなことは嘘っぱちですしねえ。
 
 長い間韓国は人口大国に伍して世界一の孤児輸出国でしたし、一応は世界10位圏の経済大国になった今でも中国やエチオピアに肩を並べる孤児輸出国なんです
 
 韓国は福祉予算などは節約して経済建設にまい進してきたんですね。その程度の国なんです。福祉などは外国に頼ってきたんですね。
 
 それにしても精神障碍者の息子の世話をフィリピンにまかせようとはねえ。お前らとフィリピンの経済格差はどれくらいある?
 
 しょうがないんです。その程度の国のこの程度のヒトたち・・・・・・・いやヒトモドキか・・・・・・・なんですね。
 
 東亜では彼らのことをチョウセンヒトモドキと呼んでおりますが、それが事実であることを毎日のように自分で証明し続けるという・・・・・マトモに付き合っちゃイケナイヒト・・・・・じゃないか・・・・・ヒトモドキですね。
 
 幸い日本政府も韓国外しに動いているようで。イイコトです。