寅さんは北の代弁人のはずなのに邪険にされて | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2019/4/15 朝鮮日報

金正恩委員長が文大統領を批判「出しゃばりな仲裁者のように振る舞うな」

 

 

 

 

 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が12日、最高人民会議第14期第1回会議で29年ぶりの施政演説を行い、米国の非核化「ビッグディール」要求を一蹴(いっしゅう)した上で、対北朝鮮制裁を耐えぬくという覚悟を表明した。文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対しては「出しゃばりな仲裁者・促進者のように振る舞うのはやめろ」と言った。事実上、非核化を蹴り、米国にはさらなる譲歩を、韓国には自分たちの味方になるよう通達するかのように要求したものだ。

 

 

(中略)

 

 文在寅政権に対しては「民族の一員として(米国に)言うべきことは堂々と言い、民族の利益を擁護する当事者でなければならない」と述べた。自分の味方になり、米国を説得するよう露骨に要求したものだ。

 

 ただし、金正恩委員長は「今年末まで忍耐を持って米国の勇断を待ってみる」と対話の扉は閉ざしていない。トランプ米大統領については「我々は依然として素晴らしい関係」とも言った。外交消息筋は「金正恩委員長は年末の米大統領選が本格化すれば、外交成果に飢えているトランプ大統領が非核化の基準を下げると見込んで、『持久戦略』でいくようだ」と分析した。トランプ大統領はツイッターで、「3回目の首脳会談がいいことだという点に同意する」とだけ述べた。

 

李竜洙(イ・ヨンス)記者

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/15/2019041580028.html

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 ”出しゃばりな仲裁者・促進者のように振る舞うのはやめろ”・・・寅さんも気の毒に。いくら北朝鮮に思いを寄せても邪険にあしらわれて。

 

 まあ寅さんなんぞは北の狗ですからね。狗はいくらご主人様に冷たくされても一度頭を撫でてもらえればウレションを。昨年は一応は南北首脳会談をやれたんだからいいじゃない

 

 しかし北も寅さんがこれほど無能であるとは思っていなかったんでしょうね。制裁破りの一つも出来ないアホはあっちへ行っていろ!というところでしょうか。

 

 寅さんなどはトランプにも見限られていますしねえ。今年4月の朝鮮日報によれば”11日(現地時間)、米ホワイトハウスで行われた韓米首脳会談は昼食会を兼ねて116分間行われたが、文在寅大統領とドナルド・トランプ大統領の1対1会談はわずか2分間に過ぎなかった”・・・ということでしたし

 

 そりゃアメリカと北朝鮮の双方にいい顔をしようとして、あっちにフラフラ、こっちにフラフラしていたんじゃ双方から信用を失うのも当然で。

 

 そうか、寅さんは狗じゃなくてコウモリだったんだな。

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ