韓国の人事はねえ・・・・・ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2019/4/14 朝鮮日報

【コラム】韓国では国益よりも優先される政治的理念

 

 

 

 

 

 

 

 A氏は28年間、外交官を務めてきた。このうち15年間は日本に関する業務に携わってきた。日本勤務だけを見ても、書記官・参事官・公使の3回にわたる。東京に駐在していた期間は10年以上だ。現在の外交部幹部の中では、日本での業務経験が最も長い。そのA氏が、断交が取りざたされるほど韓日関係が悪化している先月末、ヨーロッパの公館に異動した。2017年から2年連続、国政監査でA氏の「朴槿恵(パク・クネ)政権時の大統領府」勤務経歴が問題となり、左遷されたとの見方が支配的だ。A氏については「特に党代表を務めた経験のある与党議員が執拗(しつよう)に人事清算を主張したため、何らかの人事的措置が取られるだろう」とうわさが立ち始めた。結局、A氏は慰安婦関連業務を前政権で担当したという理由で公館長にはなれず、駐日大使館よりも小さな公館に異動しなければならなくなった

 

 外交官B氏。キャリア26年のB氏は昨年半ごろ、大統領府に派遣されるだろうと言われていた。日本勤務の経験もあり、国際法にも明るく、外交部とその周辺ではB氏が大統領府で対日業務を務めることに納得している雰囲気だった。ところが、いつの間にかB氏の大統領府勤務は「なかったこと」になってしまった。B氏の経歴調査をした大統領府が拒否したという話が耳に入った。B氏の家族が現政権に批判的なのが問題になったという見方もある。 B氏の大統領府勤務が白紙化された理由は明らかにされず、大統領府の対日業務は今、日本勤務の経験がない若い外交官が1人で務めている

 

 

(中略)

 

 中国政府は、9年間駐日大使を務めた程永華氏を間もなく交代させる予定だ。書記官時代から25年間にわたり日本で勤務した同氏は、その名前だけ見ても重みを感じさせる人物だった。その後任に内定した人物も、東京に10年以上滞在した経歴のある孔鉉佑外務次官だ。韓国よりも数倍は力のある国がそうした人事をするのには理由があるのだろう。ところが、文在寅大統領はその全く逆を行っている。日本についてよく知る外交官を左遷させ、自身の周囲には近寄らせない。能力中心の人事原則を排除し、コード(政治的理念・傾向重視)人事を優先させる国の外交がもたらす将来に恐怖を感じる

 

東京=李河遠(イ・ハウォン)特派員

 

 

 

1 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280158.html

 

 

2 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/12/2019041280158_2.html

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 

 これはしょうがないんですよ。韓国の官界などは猟官制なんですから。別に善し悪しのモンダイではありません。そういう体制であるというというだけで。とにかく大統領が代われば役所の門番も変わる、と言われるくらいですからね。

 

 アメリカだってそうなんですから別に恥ずかしがることも。2011年5月の朝鮮日報はアメリカのオバマ大統領の大使人事について”バーズン氏が大使のポストに任命されたのは、完全に「論功行賞」レベルでのことだった”・・・と書いていました

 

 韓国だってそうだということを朝鮮日報が知らないはずはないでしょ。この記事でだって”コード(政治的理念・傾向重視)人事”・・・という言葉を使っているんだし。

 そういえば寅さんの兄貴分だった廬武鉉元大統領の人事もコード人事と呼ばれていましたね。

 

 しょうがないんです。猟官制以前に韓国は身内優先なんですから、能力などは問題にならないんです。

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ