寅さんと話すことなんかないしねえ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2019/4/13 朝鮮日報

韓米首脳会談:1対1会談は実質2分間、懸念通りの結果に

 

 

 

 

 

 11日(現地時間)、米ホワイトハウスで行われた韓米首脳会談は昼食会を兼ねて116分間行われたが、文在寅(ムン・ジェイン)大統領とドナルド・トランプ大統領の1対1会談はわずか2分間に過ぎなかった。金正淑夫人とメラニア夫人が同席した1対1の首脳会談は29分間行われた。しかし、文大統領とトランプ大統領の冒頭発言があり、記者たちからの相次ぐ質問にトランプ大統領がすべて回答することに、ほとんどの時間が費やされた。懸念されていた通り、文大統領とトランプ大統領が深い話を交わすことができる1対1会談は事実上、行われなかったことになる

 

 

(中略)

 

 トランプ大統領は会談が25分ほど過ぎたところで「会見を終えたい」と言った。しかし、「ゴルフのマスターズ・トーナメントで誰が優勝すると思うか」という質問が出ると、「優勝する能力がある選手が15人いるので、選手層は非常に厚い。だが、フィル・ミケルソン、タイガー・ウッズ、ダスティン・ジョンソンが優勝候補だ」と答えた。トランプ大統領が受けた14の質問のうち、内部告発サイト「ウィキリークス」(Wikileaks)創始者ジュリアン・アサンジ容疑者の逮捕や、「ロシア疑惑」でのミュラー特別検察官の報告書公開に関する質問など、韓半島(朝鮮半島)問題と関係ない質問は5つだった。

 

 当初15分間予定されていた1対1会談は29分間行われた。このうち、両首脳の冒頭発言とトランプ大統領の質疑応答が27分間だった。結局、両首脳が同席者を置かずに共に過ごした時間は2分間にしかならなかった。これも、後続の会談(小規模会談)に出席する同席者たちが席に就くまでにかかった余り時間で、両首脳が密度の濃いやり取りをするには困難だった。文大統領の訪米前、1対1会談が米国の要求により「夫人同伴」で行われることについて、「きちんとした対話は難しいのでは」と懸念の声が上がったが、韓国大統領府は「首脳同士で対話をする時間は十分だろう」と答えていた。

 

 

(以下略)

 

イ・ミンソク記者

 

 

1 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/13/2019041380007.html?ent_rank_news

 

 

2 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/04/13/2019041380007_2.html

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 寅さんとトランプの会談ねえ・・・・・・話すことなど何もないでしょうにねえ。

 

 とにかく寅さんなどは北朝鮮にしか興味がないんですし、トランプと話したいことといえば制裁緩和しかないですしね。

 しかしトランプはそんなことは相手にしませんから”文在寅大統領とドナルド・トランプ大統領の1対1会談はわずか2分間に過ぎなかった”・・・ということになったんですね。

 

 そして2分間の会談でも間に通訳が入りますからねえ。実質的には1分足らずだったんでしょうね。

 こんにちは、さようなら、で終わったんでしょう

 

 まあ韓国人は最悪の時期に最悪の決断をするという点では定評がありますからね。大統領に寅さんを選んだことで既にアレなんですが、順調にアレな方向に行っているようで。

 

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ