韓国は労組がねえ・・・・・・ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2019/2/11 中央日報     

インドに続きメキシコにも抜かれた…韓国の自動車生産7位

 

 

 

 

 韓国自動車産業協会が10日に明らかにしたところによると、韓国の昨年の自動車生産台数は402万8834台で前年の411万4913台より2.1%減った同じ期間にメキシコは年間生産台数を406万9389台から411万499台に引き上げて韓国を7位に押し出した。世界の自動車生産台数で韓国が占める割合もやはり4.2%から0.1ポイント減った4.1%と集計された。

  韓国の自動車生産台数は2015年に455万6000台水準だったが2016年が422万9000台、2017年が411万5000台に減少するなど3年で50万台以上減った。世界10大自動車生産国の中で3年連続生産台数が減少したのは韓国が唯一だ。最大の自動車メーカーである現代自動車グループのグローバル販売台数が減少し、生産施設を海外にだけ追加したのに伴ったものだが、慢性的な韓国自動車産業の高費用低効率構造も生産台数減少の原因に挙げられる。

  韓国自動車産業協会は韓国の自動車生産が減った原因として、対立的労使関係と硬直した労働市場構造にともなう高費用低効率生産構造の固着で競争力が落ちたためと分析した。協会関係者は「生産競争力が落ちた上に韓国GMの群山(クンサン)工場閉鎖による生産中断、内需と輸出の不振などが複合的に作用した結果」と話した。

  内需市場が150万台線で停滞する間に輸出まで減ったのが生産台数減少につながった。韓国の自動車輸出は2015年の297万4000台から2016年が262万2000台、2017年が253万台と減り、昨年は245万台にとどまった。

 

(中略)

  韓国の自動車生産見通しも暗い。現代自動車グループが電気自動車と水素電気自動車販売を増やし今年13種類の新車を投入するなど販売目標を上方修正したが、韓国GM、ルノーサムスンなど残りの自動車メーカーの下落傾向が急だ。ルノーサムスンは9月に日産「ローグ」の委託生産が終了するが、8カ月以上にわたり続いた労使対立で新車割り当ての見通しは不透明だ

 

https://japanese.joins.com/article/058/250058.html?servcode=300&sectcode=320&cloc=jp|main|inside_right

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 

 韓国人は自分で自分の首を絞めるのが好きですからねえ。

 

 とにかく現代自動車などは韓国に工場を造ろうとしないんですね。その理由が”労組との対立的な関係が最も大きな原因だ”・・・というんですから韓国労組は自分で自分の首を絞めているんです。

 

 ”世界の自動車業界は全力を挙げてリストラや体質改善に取り組んでいるが、韓国の自動車業界にとっては「遠い国の話」だ。労組の圧力が強く、企業側は何もできないからだ”・・・企業もこんな国に工場は造りたがらないでしょう。

 

 とにかく韓国の経済規模なんぞは日独を遥かに下回っていますが、経営者が何かしようとしても常に労組が妨害して。

 その結果”韓国国内にある現代自の工場は1台当たりの投入時間(2011年基準)が31.3時間で、最も高い数値を示している。これに対し、現代自アラバマ工場は14.6時間、現代自北京工場は19.5時間にすぎない”・・・というように生産性は全く伸びないんですが。

 

 それで昨年2月の朝鮮によれば”1996年にインドに法人を設立して以来、現在までに約30億ドル(約3277億円)を投資してきた現代自動車が、2020年までにインドにさらに10億ドル(約1092億円)を投資することが分かった”・・・などとやるんですね

 

 その分が国内に投資されていれば、どれほど雇用に貢献したことか。

 

 しょうがないですね。韓国の労働者が自ら選んだ道なんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 道・・・・・・・

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス