寅さんの腹心も実刑判決を受けたしねえ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2019/2/10 朝鮮日報

【コラム】腹心知事の実刑判決に沈黙を守る文在寅大統領

 

 

 

 

 金慶洙(キム・ギョンス)慶尚南道知事が「ドルイドキング」らによる大統領選での世論操作を主導したとして、実刑判決を受けたことで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は今後、選挙は不公正だったという指摘に苦しむことになりそうだ。金知事は文大統領のすぐそばで2回の大統領選を戦った「戦友」だ。野党からは「文大統領がドルイドキングによる世論操作の恩恵を受けた」という主張や「文大統領が関与したのかどうか直接答えるべきだ」とする要求が出始めた。ただ、「大統領選に不服があるわけではない」と言っている。共に民主党も前政権時代の国家情報院による世論操作事件をそんな具合に追及していた。当時の民主党も公式には「大統領選への不服ではない」としていたが、至る所から大統領選に対する不服をにおわす発言が飛び出した。

 

(中略)

 文大統領支持勢力は「我々は違う」と言う。強固な支持層を信じているからだ。しかし、旧与党セヌリ党が完全に滅んだ16年総選挙の1週間前、朴前大統領の支持率は現在の文大統領とほぼ同じ水準だった。当時のセヌリ党の支持率も最大野党・民主党を大きく上回っていた。コンクリートのような支持率だと自信を抱いていたが、それは数日後にもろくも崩れた。現政権が結末の明らかな道を歩まないためには、まず文大統領が「金慶洙判決」に冷静でなければならない。


崔宰赫(チェ・ジェヒョク)政治部次長

 

 

1 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/08/2019020880128.html

 

2 http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/02/08/2019020880128_2.html

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 

 韓国は西側というよりは北朝鮮に近い社会ですからねえ。上の者は無制限に近い権力を持つのです。北の若大将などはいつでもヒトゴロシが出来ますし。

 

 さすがに韓国ではそこまでいきませんが、上に立てば汚職や不公正なんぞはやり放題です。ですから自分や家族が退任後も無事だった大統領など一人もいないわけですが

 

 そして国会議員なども前科者だらけなのです

 

 そういう国なんですね、としか。

 

 日本でも、サヨクは清潔・・・・・などという迷妄は社民党などが果敢に打ち破ってくれましたが、韓国はちょっと日本とはレベルが違うんですね。

 

 民団の創設に関わった在日一世が書いた本に「在日彩彩」」(チョン・ハンキ 1996年 信山社)という本がありますが、今はアマゾンでも取り扱っていないような。

 その本でも民団役員の選挙の際の買収などの実態が赤裸々に描かれていました。

 

 ですから保守のセヌリ党でもサヨクの共に民主党でもやってることは同じなんです。とにかく韓国人・・・・朝鮮人・・・・・は権力のカケラを握れば不正をやらずにはいられないんですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 不正ではない

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス