済州に国内初の営利病院を5日に許可 | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/12/5 東亜日報

済州に国内初の営利病院を5日に許可

 

 

 

 済州島(チェジュド)の元喜龍(ウォン・ヒリョン)知事は、韓国国内初の営利病院である済州西帰浦市(ソギポシ)の緑地(ノクジ)国際病院の開院許可方針を確定して、5日発表することが分かった
 

(中略)

西帰浦市のヘルスケアタウン内に建設された緑地国際病院は、開院許可を受ければ、医療施設の整備などを経て、来年初めにオープンする予定だ。中国の綠地グループが投資した緑地国際病院は、2015年12月に政府から営利病院の事業許可を受け、昨年8月に建物を完成した。敷地購入費、建築費、施設費、人件費など778億ウォンを投資して病院職員134人を採用している。

開院に反対する声も出ている。全国保健医療産業組合は4日、声明で、「島民が民主的に決定した緑地国際病院の不許可決定を覆すことは、民主主義に反する乱暴であり、暴挙だ」と主張した。

 

http://japanese.donga.com/Home/3/all/27/1566261/1

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 これについては2015年12月の聯合ニュースが” 保健福祉部は18日、済州特別自治道(以下、済州道)が申請した中国不動産最大手、緑地集団の投資開放型外国病院「緑地国際病院」の設立を承認したと発表した”・・・と書いていましたな

 

 いろいろと反対運動があったようなんですが・・・・・

 

 2013年1月の産経ニュースは”中国総領事館も開設…“中国天下”になりつつある済州島”・・・という記事を書いていました

 

 2010年11月の中央日報は”観光事業を育成するため“セックスフリー”と“カジノフリー”のタブーのない特殊地域を作らなければならない”・・・という国会議員の意見を紹介していました

 これは私が以前から提案していたものなんですけどねえ・・・・・

 

 2012年9月の朝鮮日報でも元ソウルの警察署長が”限定された地域で売買春を認める公娼制度を導入すべきだ、と主張した”・・・と書いていました

 

 まあ中国と韓国の民度などは似たようなものなんですから、中国人の望む通り売春宿・・・・違った、営利病院か・・・・を認めてやればいいと思うんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 病院は嫌いニダ!

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス