どこの共産主義か・・・・とサムスン会長は言ってた | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/11/7 朝鮮日報

社説】市場原理に逆らう「協力利益共有制」、韓国中小企業に被害

 

 

 

 

 韓国中小ベンチャー企業部(省に相当)は、大企業が上げた利益の一部を中小下請け企業と共有することを法律で事実上強制する「協力利益共有制」を来年上半期に実施すると発表した。大企業が下請け企業と売上目標や利益目標を事前に申し合わせ、それを達成すれば、利益の一定割合を配分するという制度だ。企業レベルで自発的に下請け会社と成果配分契約を結ぶケースは韓国や諸外国にもあるが、政府が法制化に乗り出すのは世界で初めてだ

 

(以下略)

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/11/07/2018110700837.html

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 

 これは別にどうということも。利益共有制なんぞは既に2011年には言い出されていましたが、当時は健在だったサムスン会長は”社会主義用語なのか、共産主義用語なのか、聞いたことがない”・・・と反発していました

 

 そういえば寅さんも”「文在寅は共産主義者」発言、控訴審も慰謝料支払い命じる判決”・・・なんてのを受けていましたが、お前は紛れもない共産主義者だろうが。

 

 別にどうでもいいんですけどね。寅さんの政府は北朝鮮化を目指しているんですから、突出して利益を上げる会社なんぞは民衆の敵なんです。

 

 書いていて馬鹿々々しくなってきましたが、あえて差別用語を使うとすれば、さすがにバカチョンは違うものだとしか。

 

 

 

 

 

 

 

 馬鹿は・・・・・・

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス