やっと機内食が出せるニダ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/9/13 朝鮮日報

アシアナ航空、機内食供給が正常化

 

 

 

 


 アシアナ航空は12日、機内食の納入業者を変更する過程で問題が生じ、機内食が正常に供給できない状態となっていたことについて、供給が完全に正常化したと発表した

 アシアナ航空は同日からシャープ社(Sharp DO&CO)との臨時契約を終了し、ゲートグルメ・コリア(GGK)から機内食の供給を受けている。アシアナ航空は7月から中国・海航集団傘下のGGKから機内食の供給を受けているが、3月にGGKの新築工場で火災が発生したことから、シャープ社と3カ月の臨時供給契約を結んだ。しかし、シャープ社が小規模業者だったことから、機内食の製造、輸送、供給に問題が生じ、必要量の機内食が正常に提供できない事態となっていた


全洙竜(チョン・スヨン)記者 

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/09/13/2018091300708.html

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 機内食ねえ・・・・・そういえば今年7月の聯合ニュースは”韓国のアシアナ航空は3日、1日から続いている機内食の供給不足や運航遅延について、同社の公式サイトに社長名義の謝罪文を掲載した”・・・という記事を載せていましたな

 

 韓国は大学進学率だの大学ランキングだのと見栄につながる数字は大好きなんですが、社会インフラというのは驚くほど貧弱なんですね。

 

 2016年6月の朝鮮日報は”韓国中部・大田の鳳山小学校で提供される給食がひどすぎるとして、保護者が非難を強めている・・・ある日の給食のメニューは、うどんに串料理1本、スイカ1切れ、たくあん1切れが全てだった”・・・と書いていました

 

 2013年10月の中央日報は、徐圭龍元農林水産食品部長官とかの”日本で“立派な”有償給食を目撃した”・・・という記事を載せていました

 

 別に電子産業とかの先端産業じゃなく、こういった地道な分野の方が社会インフラの差が出るんですよね。

 

 世界に先駆けて高速鉄道を整備した日本が羨ましかったのか、韓国も高速鉄道を・・・・・・自力では造れませんのでフランスから輸入しました。何しろ自力では高速鉄道の枕木一つマトモには造れないんですから

 

 鉄道といえば駅弁・・・・・しかし韓国の社会インフラでは、2012年5月の中央日報が書いていたように”韓国の列車弁当は、駅弁のように歴史もなくストーリーもない。 何よりも味がよくない。 しかし価格は変わらない”・・・という程度のものしか造れないんですね

 

 神は細部に宿り給う・・・・・なんですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 パパの髪は・・・・・・・ぶたれた。

ご隠居さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス