中国様はウリナラを軽く扱って | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/3/13 中央日報

韓国特使と面談した習近平氏、上座に…また外交欠礼論争

 

 

 

 中国の習近平国家主席が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の特使として訪中した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(チョンワデ、大統領府)国家安保室長と面談した際の席順が再び外交欠礼論争を呼んでいる。 

  12日午後、北京人民大会堂で行われた面談で、習主席はテーブルの中央上座についた。しかし鄭室長は習主席よりも格が落ちる下座につき、外見上、習主席主宰の業務会議に参加したような格好になった。 

  これは昨年5月、李海チャン(イ・ヘチャン)元首相が特使として訪中した時と同じ席順だった。当時は高高度ミサイル防衛(THAAD)体系問題で韓中間に葛藤があった時だったので、習主席が韓国の大統領を故意に冷遇したという指摘が出ていた。 

  習主席と鄭室長の面談の様子は、今月8日(現地時間)にドナルド・トランプ米国大統領と特使団が会った当時の様子とも明らかに異なっていた。ホワイトハウスのオーバルオフィスで鄭室長と会ったトランプ大統領は、鄭室長を自身と対等な位置に座らせた。文大統領と首脳会談を行った時と同じような様子だった。 

  また、習主席が昨年5月に日本の安倍晋三首相の親書を携えて訪中した二階俊博・自民党幹事長一行と面談した時の席順とも対照的だ。当時、習主席は二階幹事長と互いに対等な位置で向かい合って座って面談を進めた

 

 

http://japanese.joins.com/article/486/239486.html?servcode=A00&sectcode=A30&cloc=jp|article|ichioshi

 

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 これは何度も書いてきましたが、中国を日本やアメリカのような先進国と勘違いしちゃイケナイんです。

 未だに華夷秩序が世界に通用すると考えていて、中国近海を巡り、フィリピンやベトナムなどは属国扱いしているんですね。

 

 まして韓国・・・・・・ベトナムは何度もシナと戦った経験がありますが、朝鮮などはねえ・・・・・・昨年11月の朝鮮日報も”中国は銃を一発も撃たずに韓国に勝った”・・・という社説を書いていましたが、世界の認識もそんなもので。

 

 従って属国の長である寅さんが中国を国賓訪問したって、まともに国賓扱いはして貰えなかったのです

 まして寅さんの使いに過ぎない特使がどういう取り扱いを受けるか。

 

 アメリカは先進国ですから、トランプのような傲慢な大統領でも、韓国からの特使だって外交慣例に従って丁重に取り扱いますよ。

 

 とにかく君たちは既に中国様の属国の立場なのですから、特使が下座に・・・・と不平を言うよりは、貢女を要求されなかったことに感謝すべきなのです。

 

 

 

 

 

 

 

特使ニダ。

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。