韓国は外交の主役ニダ | こりあうぉっちんぐ

こりあうぉっちんぐ

 嫌韓ではありません、笑韓です。観ているだけなら、これほど面白い人たちもありませんから。


テーマ:

2018/3/13 朝鮮日報

文大統領「世界が韓国の力量に注目、機会生かせば韓国が主役に」

 

 

 

 

 


 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、韓国大統領府で行った主席・補佐官会議で「今後2カ月の間に南北首脳会談と米朝首脳会談が立て続けに開催されるので、間違いなく重大な変化が起こるだろう」とした上で「今世界は韓国の力量に注目しており、この機会を生かせるかどうかに大韓民国と韓半島(朝鮮半島)全体の運命が懸かっている」と述べた。

 文大統領はさらに「韓半島非核化と恒久的な平和体制、南北共同の繁栄への道を切り開く大切な機会がやって来た」「われわれが成功すれば、世界史的にも劇的な変化が起こり、大韓民国がその主役になるだろう」とも訴えた。

(中略)

 

 文大統領は「国民の皆さんによる支持と声援だけが、予測不可能な外部の変数に負けず、われわれを成功に導く力になるだろう」とした上で「イデオロギーや陣営を超越し、会談を成功させるため国力を結集するよう心から国民の皆さんにお願いしたい」と呼び掛けた。


 
イ・ミンソク記者 

 

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/13/2018031301033.html

 

 

引用ここまで

 

 

 緑色の文字列は関連記事へのリンクです

 

 

 ああ、これはしょうがないんですな。韓国人がホルホルを始めれば手が付けられなくなりますから。

 

 現実に韓国がやったことといえば、北の若様の走り使いでしかないですからねえ。

 

 寅さんにノーベル平和賞を・・・・・なんて話もあるようですが、これは金大中を思い起こさせますなあ。

 金大中は太陽政策と呼ばれる対北朝鮮緊張緩和政策を執り、200年6月には金正日と首脳会談を行いましたが、それには5億ドル程度がかかったとか。

 おかげで北朝鮮は一息つき、金大中はノーベル平和賞を貰いました。

 

 現実には金大中のやったことは北朝鮮に核開発の時間と経費を与えただけだったんですが。

 

 アメリカにもジミー・カーターという似たような人物がおりました。「史上最強の元大統領」と揶揄されていましたが、やはり1994年に訪朝して金日成と会談し、北朝鮮の核開発凍結と査察受け入れで合意したんですが、北朝鮮に余計な時間を与えただけでした。

 

 朝鮮日報だってその程度のことは分っているでしょうにねえ・・・・・まあホルホルは韓国人の病ですからね。

 ウリナラは世界外交の主役ニダ・・・・・・と書く誘惑に勝てなかったんでしょう。

 

 ところで寅さんは北の若様への拝謁料金に幾ら払うのかな。

 

 

 

 

 

 

 

 拝謁に帰って来んか。

ご隠居さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。